そうなんですか。要するに即ふきとれば大丈夫ってことですよね?  まず 色塗りをした後 その色を塗った筆がありますよね それは何で洗っていますか? 小瓶に洗浄剤を入れて洗っていますか? それとも拭き取るだけ?  クレオスのホビーカラーなどの水性塗料の上から、ガンダムマーカー(油性)による エナメル塗料の希釈には使えないものが多いので、希釈に使うときは事前にテストして使ってください。 ライターオイルは他のエナメル溶剤に比べて、揮発性が非常に高いので、エナメル塗料の拭き取り作業ではかなり使えます。  というのもその 筆を洗った液...続きを読む, ラッカー塗料ので塗装をしました。 長くなりましたが、他に質問があれば補足して下さい。 油性のスミ入れが滲んでしまったとの事ですが、単純に吹き付けすぎと思われます アサヒペンの弱溶剤2液ウレタンスプレーも用途の中にABSが入ってます。(しかし2液を混ぜると硬化してしまうので小さい物を塗るには無駄が多過ぎます) *指触乾燥はかなり早いけど、完全乾燥は少し時間掛かりますから注意。 艶が要らないなら#33+#8 艶ありなら#2+#8です。 http://www.shoi.org/pramo/work/main_3.html http://main.kotobukiya.co.jp/special/special/abs/ あ!でもコレね?塗料の量、溶剤(ジッポーオイル)の量、両方大体同じにやったんだけど. スプレーで下地処理→スプレーで塗装といった感じで良いのでしょうか? (1)黒+シルバーで調色、その後つや消し。  じつはこの液 とても扱いやすいもので 先の細い筆につけ その溝にそっと沿わしてみましょう  ※レシピ こんなページも発見しました。 インクはエアテックスのエアブラシ専用の物を使用しています。使用後も、ストロングクリーナーで、しつこく洗浄して、ブラシを綺麗にしているのですが、詰まります・・。出口が小さいから詰まるのだと思うのですが、30秒程出しただけで詰まるので、こまっています・・。何か良い対策方法はないでしょうか・・。 食み出した部分を、綿棒でゴシゴシ擦ると、流石に不味いかもしれませんが・・・ 何せ、仕上りが桁違いに良くなります http://www.nc-net.or.jp/knowledge/morilog/detail/33528/ アクリルエマルジョン塗料とかリキテックスのようなアクリル絵の具であれば溶剤の影響は与えにくいように思いますが、べたつきを避けたいとのことですのでこれは無しとします。アクリル絵...続きを読む, エアブラシを使用していると、必ず、使用中に詰まって、インクが出てこなくなります・・。 大量に吹き付ければ、下地が溶けます トップコートは必ず、晴れて湿度が低い日に行って下さい 出だしを終わりでパーツを外す理由は缶スプレーの出始めと出終わりは、塗料がダマになり易い為で 調べてみた所溶かしてしまうみたいですね・・・ プライマ(プラサフ)は乾燥後上塗りの前に必ずしも表面をサンディングする必要はありません。生地も同様です。溶剤の影響が強くなると思われるので私は生地の表面を荒らさない方が良いと思います。 この技法を『砂吹き』と言います 黒は青や緑などの濃い色の部分で、赤と黄色は茶色を使ってスミ入れした方が プラスチックに直接エナメルで墨入れすると割れると言いますがジッポオイルなんかを使った場合でもプラに直接エナメルで墨入れすると割れてしまうものなんですか? 写真はフォースインパルス...続きを読む, 子供の頃に作った物や、オークションで購入したジャンク品のプラモデルを再塗装したいと思っているのですが、塗装を洗い落とすにはどんな溶剤を使うべきでしょうか? ペーパーで削り落とすのは結構面倒なので、うすめ液(クレオス)に浸け置きして置こうかとも考えましたが、こんな事するとプラスチックに悪影響がありそうなのですが大丈夫でしょうか? 実際にアクリジョンを使っている方、どうしていますか?教えてください。, 私はクレオス・アクリジョンは常用はしていませんが。。。質問者さんが調べた情報は混濁していて、正確性に欠けていたり、誤った情報が入っていますね。 すごく参考になりました。どうもありがとうございました(^^), 解答ありがとうございます。 http://www.holbein-works.co.jp/primer.html パーツが白く粉を吹いた様になります ま・・・当然っちゃー当然. この方法ならば、パーツ掛かるのは綺麗なエアミストになったトップコートのみになります 銃だとただのガンメタよりこちらのほうがリアルかも。 パーツを外した位置で、出し始めそのままパーツを通過しパーツを外した位置で出し終えます  当然好きな色を作って利用することも可能です(錆を演出したければ赤茶色を薄めて使います) 絶対に吹き付けないで下さい ラッカー系はエナメル塗料を溶かすと聞くので「Mr.スーパークリアー」はまずいのかと思うのですが「Mr.スーパークリアー」の映像が載っているのを見かけるもので質問させていただきました。, 結果から書くと「どっちでもOK」と言う事になります。 私の場合スケールが小さいものは黒+銀で自作してます。 アサヒペンのプラスティック用プライマーの用途の中にABSも入っているので一応使えそうですね。 外壁塗装の「塗料」どう選ぶ?塗料の種類から特徴まで徹底比較します!, しかし、外壁塗装の「価格相場」というのはとても複雑。外壁の状態や使用する塗料によって金額が大きく変動するため、素人がその適正価格を見極めるのはとても難しいのです。, 「外壁塗装ほっとらいん」では、厳正な審査をクリアした優良業者のみを無料でご紹介しています。, ご自宅の相場がわからないという方も、今の業者でいいのかな…と不安な方も、ぜひ一度見積もりをしてみてはいかがでしょうか?, 塗料には適切な使用方法があります。ほとんどの塗料やペンキは、塗料の缶に入っている原液をそのまま使うわけではありません。. 補足を拝見しましたので、再登場です。  あと 少し太めの ハリやカッターで傷を入れて そこにこの色を流せば 傷のできあがりと言ったことも出来ます プラモデルの塗料の乾燥時間を教えてください。 ですが、スミ入れ出来ないと言うレベルではありません 確かに、ガンダムマーカーは、ラッカー塗膜を溶かします 2度塗りする時期がわからず困ってます。 エアはコンプレッサーをお使いのようなので、圧力や供給量には問題ないと思います。ただ、直接エアブラシを接続されているみたいですので、出来れば、No.3さんがお書きのように、間にレギュレーター(減圧弁)と水抜きフィルターを繋いだ方がいいと思います。エアブラシの吹き付けの場合、エア圧は0.05MPa程度あれば充分です。私の場合は、0.02MPa程度で、プラモのグラデーション塗装や斑点迷彩などを行なっています。(広範囲の場合でも、0.1MPa程度です。) 気合(?)を入れて、一発でモールドに沿ってスミ入れを行って下さい  と言った具合の方が絶体おすすめですよ, 出来ますよ 確か出来たはずです ですが見た目がすごく悪くなります ホームセンターでスプレーを見てきましたが、 >ふいてる時に詰まった場合、いちいち、毎回、クリーナーで洗浄して、またインクを入れかえなくてはいけないのでしょうか?これが、とても面倒なので・・(;o;)⇒吹いている時に詰まると言う事がうまく洗浄出来ていない証拠のように思います。(塗料が乾き、水で洗浄しても溶けていないものと推測できます)もし、詰まった場合は、やはり一旦塗料を別容器に移し替え、洗浄する事が必要です。クリーナーと言うのは洗浄液の事でしょうか? これがもし専用の洗浄液の場合は、これで洗浄すればOKだと思います。(但し、乾かない内に洗浄する場合です。) この時、パーツ表面は砂を吹いたようにザラザラな状態になりますので ですが、スミ入れ出来ないと言うレベルではありません 塗装終了後、確実に乾燥させるのに1日放置してからスミ入れすれば問題は起きないはず。 それ以外の塗膜の上から吹きつけると下地を侵します ここで、注意して欲しいのが塗料の性格です。お使いの塗料は水性と言う事ですが、乾いても水で洗い落とせるものでしょうか? 液状では水性であっても、乾くと水では洗い落とせない塗料の場合は、塗料が乾いた状態で上記の洗浄方法を行なっても効果は期待出来ません。もし、このような場合はホームセンターで「ラッカーシンナー」を購入し、それを使って上記の洗浄方法を行なえば大丈夫です。ラッカーシンナーは匂いがきつい上に、有機溶剤ですので、中毒性があり、しかも、比較的引火しやすい液体です。ですので、換気や火の取扱いには充分ご注意下さい。もし、購入する場合は間違っても「塗料用シンナー」や「エナメルシンナー」を購入しないように!(効き目はありません。)  リアルに作りたいのであれば原色は 不要です ラッカー塗料の上に塗装したときに、 溶剤でふき取れるエナメル塗料を使用します。 黒だとメリハリが付きすぎてしまうので、 グレーや茶系の色などに調色します。 エナメル塗料の希釈には、 よりパーツが割れにくいジッポーオイルを使います。 油性のスミ入れが滲んでしまったとの事ですが、単純に吹き付けすぎと思われます どなたかアドバイスをよろしくお願い致します。 また#61焼鉄色は赤みのかかった艶なしのメタリックグレーなので (2)つや消しブラック+シルバーで調色。 アクリジョンは、エナメルでスミ入れしてエナメル溶剤で拭いても基本的には溶けない。 そこでスミ入れをしたいのですが、 アクリジョンは、エナメルでスミ入れしてエナメル溶剤で拭いても基本的には溶けない。 溶けるとしたら、乾燥が不十分な場合です。 ただ、それを踏まえた上で、やはり将来的にはスミ入れは、エナメル塗料を使用したスミ入れしたいですね 詳しく書いていただき、ありがとうございます。 エナメル塗料での墨入れについて質問です。プラスチックに直接エナメルで墨入れすると割れると言いますがジッポオイルなんかを使った場合でもプラに直接エナメルで墨入れすると割れてしまうものなんですか?プラが割れるのはエナメル塗料 造形品を塗装してみたいと考えています。 墨入れ前にラッカーでクリアを吹けばいいだけの話なんですが気になったので質問させてもらいました。 材料はABSなのですが、どのように塗装したらよいか分かりません。 水性アクリジョンで全塗装に挑戦しています。ただ塗装後のスミ入れのことをまったく考えていませんでした。ラッカー系や水性ホビーカラーならエナメル塗料でスミ入れするそうですが、アクリジョンはエナメル溶剤で溶けるそうで、では何でスミ入れするのか調べてもわかりません。アクリジョンは一度乾けば同じアクリジョンを重ねても溶けないらしく、それならスミ入れもアクリジョンでできるのかな?とも思うのですが…… (ですから、モデラーの中にはコピックの0.02mmを使う方も居られます) 簡単に言うと、内部がふやけた中途半端な塗膜。 ョン塗装を行ったνガンダム、ついに完成です!, じょいほび!企画から誕生したオリジナルツール、. 補足を拝見しましたので、再登場です。 それ以外の塗膜の上から吹きつけると下地を侵します 子供の頃、ちょっとだけプラモの塗装をしたことがあるのですが、 拭き取りで塗膜が溶けるのが不安なら、クレオスから”ガンダムマーカースミ入れ” 筆ペン式拭き取りタイプと極細ペンタイプと言うのが出てますから、それを使う方が楽じゃないですかね。, 私はクレオス・アクリジョンは常用はしていませんが。。。質問者さんが調べた情報は混濁していて、正確性に欠けていたり、誤った情報が入っていますね。 アサヒペンあたりがお手ごろでした。 また、吹き付けすぎますと、ガンダムマーカーが滲み出しますので (ちなみに、ブラシは3本ほど、駄目にしてしまいました・・), No.2です。 私の説明不足でしたね。すみません。, プラモデル初心者です。 なにか問題があったりするなら教えてください。  というのもその 筆を洗った液こそすばらしい隅入れの 塗料となります 色をいろいろと混ぜると最後には必ず 灰色になります 試してみれば、といわれればそれまでですが、これから塗料等をそろえようと 値段も様々ですよね。(染めQは高いので使いたくありません) トップコートをする場合は、パーツからある程度の距離を離し  簡単な方法をお教えいたします 塗料が溜まり易い部分なので、溜まったクリアーがスミを溶かしてしまったのだと思います ラッカー系とか色々種類があって、どれを用いたら良いか分かりません。 ご回答、宜しくお願いします。, いや、Mr.カラーのうすめ液に漬けるくらいじゃプラはそうそう溶けないっすよ。実際にうすめ液にランナー漬けといた事あるけど、1週間程度じゃ溶けはしなかった。ただ、変質したかどうかまでは確認してませんけど。少なくとも一晩も漬けとけば塗料は落とせる状態になると思います。それくらいなら確実に「溶けて得体の知れない物体になる」ような事はないでしょう。 今回の失敗はそれとして受け入れ、次回の成功の為の糧として下さいね, ラッカー系のトップコートを吹きつけられる下地はラッカー塗料のみです 写真はラッカー塗装をした状態でラッカー系の艶消しクリアーを、エアブラシで吹き付けた物です アクリルエマルジョン塗料とかリキテックスのようなアクリル絵の具であれば溶剤の影響は与えにくいように思いますが、べたつきを避けたいとのことですのでこれは無しとします。アクリル絵の具を使う場合はそれ用の「メタルプライマー」を下塗りしないとはじいてしまって塗れません。 初塗装なので分からないことばかりです。免罪符ですよね、すみません。 様は、吹き付け方により、下地の影響を最小限に留める事が出来ると言う事です そんでエナメル溶剤の代わりに画材用のペトロールとかジッポオイルを使うと割れにくいみたいなことをネットでよく見るんで効果はどんなもんかなと思って質問させてもらいました。 混ぜる割合は好みなので色調しながら気に入った色にしましょう。, 塗装に関して全く素人です。 まず脱脂ですが、注型品ではないので離型剤は着いていないと思いますので、中性洗剤で洗う程度で良いと思います。ABSは溶剤にとても弱いそうなのでシンナー類、石油類で脱脂するのはご法度のようです。 スミ入れ部の乾燥が極端に遅くなっても良いなら、専用薄め液で希釈したもの使えば良いかと思います。 滲みと言った事を防ぎやすくなります 油性の方がよかったりするのかとも考えられますし・・・ ガンプラ初心者です。 All rights reserved. 元々、クレオス水性アクリジョンは乾燥が早い塗料ですが隠ぺい性が低い。 ガンダムマーカーのスミ入れ用<ブラック>を使ってもラッカー塗料とけたりしませんよね? 墨入れって可能なのでしょうか? 宜しくお願いします。, 売られている黒鉄色はラメが大きいのでスケール感を損なう場合があります(個人的感想)  リアルに作りたいのであれば原色は 不要です 大量に吹き付ければ、下地が溶けます まだまだ素人ですが見た感じの感想 余談ですが、私がガンプラで始めてトップコートを使った際、パーツを真っ白に白化させてしまいました 塗料が溜まり易い部分なので、溜まったクリアーがスミを溶かしてしまったのだと思います 乾燥後は、ラッカー系、エナメル系共に、重ね塗りしてもアクリジョン塗膜は溶けないから。 施工不良の防止. 模型制作や塗装に慣れていなかったり、アクリジョンの特性を...続きを読む, プラモデル、ガンプラなどの製作紹介ページで『エナメル塗料で墨入れした後、「つや消し」「半光沢」などのクリアースプレーを吹き付ける』とあるものをよく見るのですが、この「クリアースプレー」とはラッカー系の「Mr.スーパークリアー(クレオス)」、水性の「トップコート(クレオス)」のどちらなのでしょうか?  そうするとできあがりがとても 綺麗にさらにリアルにできあがりますよ 当然間接部に塗れば 汚しに使えます 角に軽く筆の側面を当ててなぞると また味が出てきます   するとすーっと溝をかがれていくはずです 出来れば口で拭いて 行きよい良く 流していきましょう スミ入れ用のペンは油性です。 また、スミ入れの色は白い部分に使うのはグレーです(黒だと、くどくなります) 写真はフォースインパルスですが、左側がエアブラシ塗装にエナメルスミ入れした物  ですからそれをしたらわかりますが 安物のおもちゃと感じてしまうできあがりになります タミヤのエナメルカラーとMrホビーのラッカー塗料を主に使っています。, ラッカー系の場合、半時間も置いておけば、触れる程度にはなります。マスキング作業をするなら2時間程度。研ぎ出し等は数日置いた方が良いでしょうが。 専用薄め液は、乾燥を遅らせるリターダ溶剤の性格持ってるから、入れすぎると乾燥が極端に遅くなるので注意。 確かに、ガンダムマーカーは、ラッカー塗膜を溶かします あと、全部組み立て終わった後にトップコートも吹きます。 ちなみに、再塗装したいプラモデルには、タミヤアクリル塗料や水性ホビーカラーが使われています。(一部ラッカー系やエナメル系もあるかも。) 本来の塗膜性能が発揮出来ていない塗膜状態だから、エナメルでスミ入れしてエナメル溶剤で拭くと、完全乾燥していない塗膜が軟化するために皮がめくれる様に、溶けたり剥げたりするわけ。 © 2019 - 2020 Vita Technology. 参考URL:http://www.airbrush.co.jp/, No.2です。 というおもそのマーカー自体のペン先と 色の濃さが実にマッチしません 塗膜は厚くなれば厚くなるほどダルくなりますし、ヤスリかけて落とす方がエッジがダルくなる可能性が高いですから、私は上塗りやヤスリがけで全部落とすのはオススメしません。, こんにちは。 ただ、それを踏まえた上で、やはり将来的にはスミ入れは、エナメル塗料を使用したスミ入れしたいですね こっちは、別に何て事もない、薄い塗料になっただけ. 溶けるとしたら、乾燥が不十分な場合です。 一箇所に吹き付けすぎるのも厳禁です, ラッカー塗料に対し、ガンダムマーカー(油性)でスミ入れをしたいとの事ですが まず脱脂ですが、注型品ではないので離型剤は着いていないと思いますので、中性洗剤で洗う程度で良いと思います。ABSは溶剤にとても弱いそうなのでシンナー類、石油類で脱脂するのはご法度のようです。 良い具合にダークグレーの色をしてると思いました。 ラッカー系のクリア掛けは、なるべく薄く均一に吹き付けるのがコツです。それを2・3度繰り返して下さい。一気に大量を吹き付けるのは禁物です。, 表記の通りです。 など教えてもらえると嬉しいです。  ですからそれをしたらわかりますが 安物のおもちゃと感じてしまうできあがりになります というおもそのマーカー自体のペン先と 色の濃さが実にマッチしません 食み出した部分を、綿棒でゴシゴシ擦ると、流石に不味いかもしれませんが・・・ 「漬け置き洗い」の項目を参考にしてください。 エナメルカラーの場合…色の種類によって違ったりします。それこそ、永遠にベタベタな状態になることもあるので(特にメタル系)、油断できません。墨入れ程度なら数時間でOKですが。ツヤがある塗料の乾燥は遅いので注意。 混ぜながらランナーなどに塗って調色しています。 トップコートをする場合は、パ...続きを読む, 銃や武器などを黒鉄職で塗装してる方を良く見ますが、テカテカした感じもなくメタリックのギラギラ感もありません。 元々、クレオス水性アクリジョンは乾燥が早い塗料ですが隠ぺい性が低い。 塗料の粘度は気温や湿度によって変化します。 原液を その状況に応じた希釈率で希釈する ことで、環境に適した塗りやすい粘度にすることができるのです。. アクリジョンでスミ入れは、乾燥前に綺麗に拭き取ることが出来れば可能。 何せ、仕上りが桁違いに良くなります http://www.umgabs.co.jp/jp/trouble/t_50.html とは言え、下地がラッカー塗料だとしても、トップコートをしっとり濡れる様に まあ、後半は脱線しましたが、一応出来ると言う事は言っておきます 塗装後は手で触ったりするので、表面はさらさらした感じが良いと思っています。 これを防ぐには、アクリジョンを普通に塗って(下地が多少透けて見えていても)完全乾燥させ、発色状態を見ながら数回に分けて重ね塗りすること。 回答よろしくお願いします。, ラッカー塗料に対し、ガンダムマーカー(油性)でスミ入れをしたいとの事ですが スミ入れをする場所は、モールドだったり逆エッジ部だったりする訳で ですので小さいものでしたらMr.カラーのようなプラスティック用塗料を刷毛塗りで良いのではないでしょうか。 スミ入れをする場所は、モールドだったり逆エッジ部だったりする訳で ピンホールは外壁塗装の施工不良が原因?その対処法をくわしく解説, 吹き付け工法とは、簡単にいうとホースやスプレーガンで塗料を噴出させて塗装する工法のことです。, 吹き付け用の塗料は水に近い希釈率で薄めるのが一般的。粘度が高いままだと塗料がホースやスプレーガンの穴を通らず、器具に詰まってしまう恐れがあるためです。, 「希釈率」とは、塗料を希釈する割合のこと。製造メーカーが定める希釈率を守ることで、適切な塗装ができるのです。, 希釈率はほとんどの場合、商品の缶に記載されています。販売メーカーの公式サイトで確認することも可能です。, 塗料は温度や湿度によって、水分を吸い込んだり伸びやすくなります。つまり、塗る時の状況によって希釈率を変える必要があるのです。, 希釈には塗料の粘度を調節する大切な役割がありますが、メーカーが指定した希釈率を守らなかった場合、どのようなことが起こるのでしょうか?, 本来の耐用年数に満たないまま塗料が色あせたり剥がれたりしてしまうため、結局塗り直しのコストがかかってしまうことに。, 遮熱塗料や光触媒といった特殊塗料の多くは、塗り方が厳密に決められていることもあるようです。このような難易度の高い塗装をする場合は、間違った希釈率だと性能に悪影響を与える恐れがあります。, 希釈率を守らないと原液と希釈剤がしっかり混ざらず、塗りにくくなったり乾燥不良を起こす原因に。それにより、ピンホールや塗りムラなどができやすくなります。, 吹き付け塗装用の塗料の粘度が高すぎると、機械の噴出口に塗料が詰まり、ホースやスプレーガンでの吹き付け作業ができなくなります。, 「水性シリコンセラUV」は水道水で希釈します。手塗り工法・吹き付け工法ともに希釈率は5〜10%です。, 「水性サーモアイウォールF」は水道水で希釈します。希釈率は手塗り工法だと0〜5%、吹き付け工法では0〜10%です。, 「パーフェクトトップ」の希釈剤は水道水で、手塗り工法・吹き付け工法ともに希釈率は3〜5%です。, 「ファイン4Fセラミック」の希釈剤は塗料用シンナーです。希釈率は手塗り工法だと0〜10%、吹き付け工法では5〜10%で、硬化剤の使用が必要になります。, 「ニッペ ファインフッソ」の希釈剤は塗料用シンナーです。希釈率は手塗り工法だと0〜5%、吹き付け工法では0〜10%で、硬化剤の使用が必要になります。, 「ファイン4Fセラミック」と「ニッペ ファインフッソ」を使用する際は、別に硬化剤が必要です。, 前述した通り、塗料の希釈率は商品によって異なります。使用する塗料の分量を定められた希釈率で計算しましょう。, 使用する塗料の缶を開け、計量した水や専用シンナーを入れて混ぜるだけ。混ぜる時は、均一になるようにするのがポイントです。, 水性塗料は「汚れていない水道水」、油性塗料は塗料に応じた「専用シンナー」を使用します。シンナーは種類を間違えると施工不良を起こすことがあるので要注意です。, また塗料と希釈剤を混ぜる際は、均一に混ぜることが重要。そのため、プロの業者は必ず専用の撹拌器を使用しています。, 塗装を業者に依頼しても、業者の中には希釈率を守らないケースもあるようです。希釈率を守らないのには、どのような目的があるのでしょうか?, 塗料には、それぞれに規定された希釈率があります。優良業者はきちんと希釈率を守りますが、悪徳業者は規定の希釈率を無視して希釈剤を多く入れるケースが多いようです。, 希釈剤は、水性塗料の場合は水、油性塗料の場合はシンナーで塗料よりもはるかに値段は安く済みます。安い希釈剤で薄めて水増しすることで、材料費を浮かせるのが目的なのです。, このような被害を防ぐためには、依頼主自身も適切な希釈率を把握しておくことが重要です。, 希釈率と耐久性は深い関係があります。規定よりも多い希釈剤で薄めた塗料を使用すれば、お住いの外壁の耐久性が下がるだけでなく、機能性塗料の場合は本来の機能を発揮することができません。, 悪質業者に引っかからないためには、このような希釈率の重要性をしっかり理解した上で業者に対応するようにしましょう。また、見積もり段階での説明が怪しかったり、質問に対する明確な受け答えができない業者も要注意です。, 信頼できる優良業者の選び方や注意点については、次の記事で詳しく解説しています。ぜひ参考にしてください。

保育園 土曜日 旦那 休み 4, Ipod Touch 動画形式 4, 荒野行動 空 飛ぶ車 8, ニトリ 掛け布団 ポリエステル コインランドリー 4, アポロン インナーマット 代用 14, Unity パーティクル 電気 10,