では実際にはそんなことは可能なのでしょうか。 費用はかかっても、滞りなく墓じまいを済ませたい方から注目を集めているサービスです。 そのお墓が土葬だった場合には、掘り起こしで何にか必要なことはあるのでしょうか?, 少子化や核家族化が進むなか、今までのお墓から新しいお墓にご遺骨を移す改葬に注目が集まっています。今回は、そんな墓地の改葬の手順や費用について詳しく紹介します。改葬の際の必要書類や改葬先としておすすめの墓地霊園についてもご紹介しますのでぜひ最後までご覧ください。, 改葬を行う際、遺骨をどうするのかは大きな問題です。改葬先によって費用や手続きも大きく変わってきます。今回終活ねっとでは改葬の際の遺骨について、遺骨を取り出してから納骨するまでを中心に、自宅保管の手続きのやり方や費用まで詳しく解説していきます。, 何らかの事情で古いお墓を撤去して別のところに改葬する場合、法的な手続きが必要です。その際に提出する書類に改葬許可申請書があります。その存在を知っていても書き方や申請方法を知らない方は多くいます。今回はそんな改葬許可申請書の書き方や提出の仕方について紹介します。, 近年、自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ方が増えてきています。皆さんは、樹木葬を行う際にかかる費用がどのくらいかご存知ですか?今回は、樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに詳しく紹介していきます。, 近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。, 近年、永代供養という供養方法が注目を浴びています。特に納骨堂での永代供養は、お参りのしやすさと料金の安さ、そして個別で遺骨を管理してもらえることから大人気です。今回は、そんな納骨堂に納骨する際にかかる料金の相場を、納骨堂のタイプ別に詳しく紹介していきます。, 近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回「終活ねっと」では墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。, 東京都で人気の霊園・墓地・お墓(墓石タイプ)をランキング形式で紹介しています。「終活ねっと」では、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。. 現在の日本では、99%を上回る割合で火葬が行われています。一方で、欧米では現在でも土葬によって埋葬するのが主流です。これらの違いは、どこにあるのでしょうか。また、時代の流れと共に、これらの習慣はどのように変化しているのでしょうか。, ここでは、日本で火葬が広まった理由と、欧米が土葬をする理由、そして、時代と共にどのような変化が起きているのかを説明いたします。, 日本の埋葬方法は、今でこそ火葬が主流となっていますが、明治時代初期までは、土葬するのが一般的でした。遺体を傷つける行為は罪とされる思想が強かったことと、火葬するためにはかなりの燃料と時間が必要とされるのが主な理由とされています。しかし、仏教の開祖と言われる釈迦が火葬されたことが影響し、仏教の広がりと共に火葬の割合が増えるようになっていきます。, 火葬の始まりは、遺体を古墳に納めていた時代とも言われ、古墳の中にはかまど塚などと呼ばれる火葬様式のものが存在していたようです。遺体を傷つけるのを罪とする価値観があった時代でも、火葬によって魂を天へ送るという思想を持つ人がいたようです。, 明治初期には、火葬を行う仏教の思想を否とする神道の反発によって、当時の司法最高国家機関である太政官より火葬禁止令が出されます。しかし、戦後の高度経済成長期における都市化で、深刻なスペース不足に陥ったため、発令2年後には禁止令が解除され、火葬が普及するようになりました。, 日本の葬儀は仏式で行われることが非常に多いですが、日常的なレベルで見ると、宗教にこだわる人は比較的少ない国と言えます。例えば、元旦にはお寺へお参りし、クリスマスにはクリスマスパーティーを行うといったことが当たり前に行われているのが良い例です。そのため、埋葬方法にも強いこだわりがなく、合理的で無難なものとして自然に受け入れる人が多いという一面もあります。, 現在の日本の埋葬方法は火葬がほとんどですが、法律によって火葬しなければならないという厳格な決まりはありません。しかし、衛生面や場所の確保などの理由によって、自治体で制限がかかっている場所はたくさんあります。特に場所の確保が難しい都市部では、条例によって細かい取り決めがなされています。, 日本の火葬は火葬場の炉で行われ、約1時間半から2時間で骨となった後は、火葬場係の支持によって骨あげと言われる収骨の儀式が行われます。ここでは、足から頭へ向かうような順序で骨を骨壺へ入れ、最後に故人と縁の深かった遺族によって喉の骨が納められます。, 日本の火葬は、このような骨あげの儀式があるためか、組織を残さず焼きつつも骨をきれいに残すという非常に優れた技術を持っています。欧米でも火葬が行われることがありますが、欧米の火葬は火力が強く、日本の火葬のようにきれいな状態で残っていることはまずありません。また、骨を粉砕して遺灰にすることも少なくありません。, 日本で火葬が主流となっている一方で、欧米では現在でも土葬するのが一般的です。その理由は、キリスト教やイスラム教などの宗教観によるものが強いとされています。キリスト教では、故人が死後に復活することを重要視しており、イスラム教では肉体を故意に失うことは禁忌とされているため、生きていた時と同じ状態で埋葬することが大切と考えられています。, 現在行われている土葬では、土に遺体を入れる前にエンバーミングといわれる処置を行います。これは、遺体から血を抜いて防腐剤を入れ、腐らせずに長期保存できる方法のことです。損壊した遺体を修復し、きれいな状態で保存させるという目的もあります。エンバーミング処理を行えば、土葬を行っても遺体の腐敗によって感染症を起こすリスクを軽減できるという利点があります。, 宗教的な観点から土葬が重んじられている欧米ですが、2000年を過ぎた頃から、欧米でも少しずつ火葬が増えはじめています。これは、各州によっても違いがあり、ほとんどが土葬である州や、すでに半数以上が火葬を行う州も出てきているようです。, 火葬が増えたきっかけは、土葬の費用が高いという点だと言われています。また、故人の住居よりはるか遠い土地で死を迎え、帰省するまでに時間を要する場合などに火葬が用いられることもあります。また、火葬によってできた遺灰を、故人が好きだった土地へ撒く散骨という埋葬方法が増えていることも、火葬が増加している理由の一つです。, このような理由がきっかけで火葬にする人が出始め、通常の埋葬でも火葬を行うことが増えてきているようです。. 今回はそんな墓じまいの際のトラブルを防ぐために、事前にトラブルの事例とその対処法を確認しておきましょう。, いかがでしたでしょうか?今回「終活ねっと」では、土葬の改葬には火葬が必要なのか、土葬の改葬の手順や費用について詳しく紹介してきました。今回ご紹介した内容は以下の通りです。, 改葬とは、葬ったご遺体を改めて別の場所に葬り返すことを指します。最近では改葬をし、お墓を引越させる方が増えてきています。土葬とは、ご遺体を火葬せずに埋葬することを指します。法律上日本でも土葬は可能ですが、現在は条例などにより地域によっては土葬を禁止している所もあります。, 日本の墓地や霊園は、基本的に火葬をしたご遺骨でないと納骨が出来ません。これは、条例や衛生面の問題によるものです。土葬の改葬の場合にも、ご遺骨には土や細菌が付着しているため、仙骨をし、火葬をする必要があります。火葬をしなければ納骨できませんのでご注意ください。ただし、掘り起こしたご遺骨が完全に土に還っていた場合は少し内容が異なります。そもそも、厚生労働省の考えでは、「ご遺骨を移動させること」を改葬と捉えています。ご遺骨が完全に土に還っている場合、ご遺骨があったとされる付近の土を新しい墓地付近に還すことで改葬を行います。この場合、厚生労働省の改葬の捉え方には当てはまりません。ご遺骨が残っている場合には、改葬許可の手続きが必要です。ですが、ご遺骨が土に還っている場合は改葬許可の手続きは不要になります。ご遺骨が土に還っているか分からない場合が多いため、改葬許可の手続きは取っておいた方が良いでしょう。, 土葬の改葬を行う際は、まず改葬先を決めます。改葬を受け入れない墓地や霊園もあるため事前に確認をしておきましょう。次に改葬許可申請をし、ご遺骨を取り出します。ご遺骨を取り出す際は、閉眼供養を行う必要があります。ご遺骨を取り出したら火葬を行います。火葬が終わったら新しいお墓に納骨を行います。, ご遺骨の火葬には、現在のお墓がある市区町村からの許可が必要です。火葬を行う前に火葬許可申請をし、火葬許可証を発行してもらいましょう。火葬許可証は火葬前に火葬場に提出をします。なお、改葬の際の火葬と通常の葬儀の火葬には少し違いがあります。実は、通常の葬儀の火葬と違い、土葬の場合掘り起こしたご遺骨をそのままの状態で火葬することは出来ません。ご遺骨を洗浄し、しっかりと乾燥させる必要があります。専門の業者に依頼をし、洗骨を行いましょう。なお、洗骨には日にちがかかる場合が多いため、洗骨を行う専門の業者と火葬場とはしっかりと打ち合わせをしておきましょう。洗骨が終わったら、火葬場にて火葬を行います。火葬後骨上げを行い骨壺に納めます。最初に火葬場に渡しておいた火葬許可証は、ご遺骨を受け取る際に一緒に受け取ります。, 土葬の改葬には、主に五つの項目で費用が発生します。まず改葬先に移動をする前に、ご遺骨を取り出す費用、閉眼供養のお布施代、火葬代が発生します。ご遺骨を掘り出す費用は約5万円~10万円です。閉眼供養のお布施代は約3万円~10万円が相場とされています。火葬代は通常の葬儀とは違うため、費用が安くなる場合が多く、公営の火葬場であれば約2万円ほどで行っている所もあります。ただし、費用は地域によって大きく異なるため注意が必要です。改葬先に払う費用としては、新しいお墓を建てる費用と開眼費用のお布施が発生します。新しいお墓を建てる場合、墓石代と設置費用により約100万円~200万円ほどかかるのが一般的です。開眼供養のお布施代は約3万円~10万円が相場とされています。こちらも地域や宗派によって費用が大きく異なりますので、改葬前にしっかりと確認を取っておきましょう。, 土葬の改葬の際には、火葬だけでなく、ご遺骨を洗骨する必要もあることが分かりました。一度葬ったご遺骨を改葬するには、様々な手続きやすべきことがあり、時間と費用がかかります。また、その際はご遺族・各役所・石材店・火葬場・洗骨の専門業者・墓地霊園など、複数の方との関わりを持ちます。改葬をする際は、十分な打ち合わせをし、余裕を持って行うようにしましょう。今回ご紹介した内容が少しでもお墓のことでお悩みの皆さんのお力になれれば幸いです。また、「終活ねっと」では他にも墓じまいや改葬に関する様々な記事を多数掲載しております。ぜひそちらもご覧ください。最後までお読みいただきありがとうございました。, 「終活ねっと」では、墓じまい・改葬に関する質問・相談も承っています。実際に墓じまい・改葬をお考えの方はお気軽にこちらへお問合せください。, 最近では、墓じまいをして新しい改葬先に納骨をせず、手元供養をする方も増えてきています。以下の記事では、墓じまい後の手元供養について詳しく紹介しています。墓じまい後の手元供養について詳しく知りたい方はぜひこちらもご覧ください。, 最近では墓じまいをして手元供養を考える人もいるようです。

Windowsupdate 2020 年 6 月 不具合 4, 時計 ドリル おすすめ 11, 隠された時間 実話 事件 16, ポテトサラダ レンジ 山本ゆり 5, Og Moon Dwellers 6, コン ヒョジン なぜ 人気 18, 大日本印刷 壁紙 工場 4, 下田 カフェ ちとせ や 43, 耳 ツボ 耳尖 13,