そん後、和葉を風呂に入らせてオカンに泊まるように和葉の家に電話させて客間に布団を敷いた。 ホンマはオレの部屋で一緒に寝たかったんやけど、オカンの目もあるし和葉が客間で寝る言うから、まだ痛いんかなとそう思うて和葉の希望を聞いた。 –{“–‚ɤ‘f“G‚È‚¨˜b‚ð‚ ‚è‚ª‚Æ‚¤‚²‚´‚¢‚Ü‚µ‚½I‚™‚™‚™. 大学生でおつきあいしてる平和の設定「和葉ちゃんの苦悩」の続きです。一部ノーマルCPではないと思われる表現と、少しだけ大人向け描写ございます。<注意>気にならない方、大丈夫な方、どうぞ〜, 何か・・・最近、和葉に避けられてるような気ぃするんやけど。気のせいか?イヤ、普通にデ、デート //// はしてるで?映画観たり、遊園地に行ったり?メシはよく食いに行くし。が。オレの部屋に来ぃひん・・・・・・・・つきあうて半年が過ぎ、お互いええ年やし?和葉は実家暮らしやけど、さすがに20歳過ぎておっちゃんも娘の外泊にそう反対はせぇへんやろ、思うてたんやけど。和葉がオレん家に泊まった事が無い事に気が付いた・・・それって・・・あれか?家に来るたびに、そういう事に持ち込もうとするオレが原因か?まぁ、オレもちょう、がっつき過ぎか?思う事もあるんやけどそやけどな、好きな女とそういう事したい思うのって普通の事やんな?和葉やってそう思うてんとちゃうんか?女はちゃうんか?わからん・・・・・何てたってこの分野はオレの不得意分野や。女と付き合うなんてのも和葉が初めてやし。一緒に居って、ご機嫌になってくれてたらそれだけでええんやけど。でも、もっと一緒に居りたいやん。ちっこい頃からずっと一緒やったでも、成長するにつれ、オレの知らん顔をするようになった和葉に不安を覚えて、腕の中に閉じ込めたい、そう思うてやっと今の状況までこぎつけたオレの知らん顔はオレの前でだけ見せたればええそやから、オレの腕ん中でもっと知らん和葉の顔が見たいんや「平次?」「ん?あ?」「どないしたん?具合でも悪い?」どわぁ〜〜!!!って、和葉そんな顔で見上げんなや、かわいすぎやろ!「!ちょ・・んっ・・・・!」今は和葉とデート中やった・・・殆ど無意識に和葉にちゅーをかました後、真っ赤な顔をしてるのを見て「今日、部屋に泊まっていかんか?」って言葉がのどまで出かかった時。「服部さん」スーツ姿の男に声をかけられた誰やったっけ?「この間は、お世話になりました、改めてお礼に伺おうと思っていたところでした」あぁ、思い出した。この間ちょこっとだけ関わった、社内ストーカーの件の依頼人や「あぁ、いやオレはそんな大した事してへんし、気にせんといて下さい」「いえ、あれから女子社員も元気を取り戻しつつありますし、服部さん達の ご協力が無かったら、貴重な戦力を失うところでしたから」「そうですか、良かったですね」聞けば誰でも知っとる企業の人事部所属の人やったっけ。確かに人当たりのええ対応やな、と思って立ち去ろうとしたら・・・「今日は・・・デートですか?仲良さそうで、羨まし・・・かず・・・遠山さん?」「あ・・・・はい・・・・あっ!ひ、久しぶり・・・こうちゃ・・・千川さん」「久しぶりだなぁ〜元気だった?何かすっかり大人になったね!」「ホンマ久しぶり、大人になったってもう20歳なんですよ?」「あ〜そっかぁ、そんなんなるんだ、そうだアイツらの式には行ったんだよね? オレ出張と重なって行けなかったんだ、かず、遠山さんが来たって聞いて 懐かしくて会いたいなって思ってたんだ」「うん、凄くええお式やったよ?写真見た?」「見た、見た、2人とも凄くいい顔してた、幸せになるだろうね」「アタシもそう思います」そのやり取りを聞いてたオレは、ただの知り合いやなかった事を直感し多分、眉間にしわでもよってたんやろうオレの顔を見て、話を打ち切り、「今度新居に遊びに行ってやろうね」言うて立ち去って行った。「どういう知り合いなんや?」「この間結婚した、雪美のダンナさんの友達」「・・・・・そんだけか?何や仲良さそうに見えたけどな?」「うん、雪美に何度かデートに連れられて行った時に一緒に・・」「フーン、オマエの知り合いでオレの知らんヤツが居たとは思わへんかったわ」「・・・・・アタシの知り合い全員を平次が知ってるワケないやん・・・・」「今は知らんけどな、高校までは知っとったやろ?」「・・・・・・」当然の事のように言ったら、和葉が何も答えずに俯いてしもうた・・・オレ、不機嫌丸出しやったか?「別に怒っとらんし、そんな暗くなる事ないやろ、な?」和葉の頭をぽんぽんと叩いて、組んでた腕を外して手のひらをぎゅっと握りしめ、歩き出した。肩が触れ合うくらいに近くに居るんに、何でか和葉を遠くに感じた。「もうこんな時間か、どうする?オレん家に・・」「今日は帰る」今日は、やなくて、今日も、やろ・・・・・・・・「そやったら、オレも実家に帰るわ」「え?ホンマ?」「どうせ明日休みやし・・・たまには帰らんとな」「嬉しい、そやったらもっと一緒に居れるね?」めっちゃ嬉しそうな顔をオレに向ける和葉を見て・・・かわええなぁ・・と見惚れながらふむ・・・オレを避けてるっちゅうわけでもないんやなと心の中で安堵する電車はすいていて、夕飯の時にちょっとだけ飲んだアルコールの影響か和葉がオレの腕にしがみつき、身体を預けてきた・・・胸・・あたってるんやけどな・・・「大丈夫か?和葉」「うん、大丈夫、明日も用事ないん?」「おぉ、どっか行くか?」「うんっ!そやったら明日も一緒に居られるね!」オレの腕にしがみつきながら、アルコールで潤んだ目で見上げてくる和葉に堪らんくなって、唇を重ねたビックリしたように見開いた目に、少しだけ開いた唇に吸い寄せられるように電車ん中にも関わらず、和葉が抵抗せん事をいい事に何度も唇を重ねあった。あ〜・・・気持ちええ・・・寝屋川に着いて手をつないで歩く昔から何度も何度も2人で歩いた道を、今は手ぇつないで歩いてる・・・不思議やなぁ・・・「何か、いつもの道と違う・・ような感じ」「は?」「どこかに出かけて帰る道、1人の時が多いんやけど 今日は平次と一緒やから、何か見る景色がキラキラしてる気がする」「・・・・」く・・・・何やねん・・・・・このかわいさ・・・連れて帰りたい〜〜〜っちゅうんじゃっ!!!って、実家に連れて帰っても何も出来ひんやん・・「寄ってくやろ?」「うん、あんね今日お父ちゃんが居らんから泊まりにおいで、って 言われてたん、そやから着替えとか持ってきてるん」「そやったんか、初めからそう言えばよかったやんか」そう言うてくれてたら深読みなんせぇへんかったんにな・・オレはちょう反省しながら和葉の手を掴んでる手に力を込めた「あら、アンタ帰って来たん?」「たまにしか帰って来んのに、その態度かい」「オバちゃん、こんばんは」「和葉ちゃん、遅かったんやね〜心配してたんよ」「そやからオレが連れて来たったやん」「和葉ちゃん、夕ご飯は?食べてきた?」「うん、平次と一緒に食べてきてしもた」「ええんよ、そやったらお風呂入っちゃってな?客間にお布団敷いとくし? ホラ、アンタが敷いたげなさい」「オレがかぁ〜?」「ええよ?平次、先にお風呂入っちゃって?お布団は自分で敷くし」「ええんよ、和葉ちゃんはお客様なんやから」「フン、オレ風呂入るからな〜」このやり取りも相変わらずやなオレはそのまま客間に和葉の布団を敷きに行くとオカンが含み笑いをしながら襖の近くに立っとった「平次、ありがとうな〜」「平次も大人になったやんなぁ、和葉ちゃんが大変やと思うて・・ふふふ そや、アンタの布団もここに敷こうか?」「オバちゃ・・・!!!何言うてんのっ //// 」「ば・・ババぁ、な、何言うとんねん!あほちゃうかっ!あほっっ!!!! /// もうええやんなっ!オレ風呂行くからなっ!」オレは真っ赤になった顔を隠すようにして足早に客間を後にして風呂場へ向かった皆が寝静まった頃、喉がかわいたオレは下に降りて行った台所に入ると、和葉がコップを持って水を飲んでいたところやった暗い中、和葉の白い肌が浮き出て見える、水を飲みこむ喉元を見ながら自分の喉がごくりと鳴った「わっ!ビックリした・・・平次?どないしてん?」「おぉ、喉乾いてな」「ビール?」「そやな」「オマエは?」「ん、何か喉乾いて・・・お水飲んでた」目が慣れてくると、薄いキャミソールの上にカーディガンだけ羽織った姿が綺麗で、思わず腰に手をまわして引き寄せてた「へ・・・・んっ・・・」風呂上りの匂いが鼻に届いて、ますます堪らんくなった背中に手を回すと、下着の感触が無い・・・そのままキャミソールの中に手を入れて和葉の肌に触れた「ちょっと、平次、どこ触ってん・・・」手をふくらみに這わせると、和葉の口から声がもれて、オレの背中に電流が走り手が止まらんくなったキャミソールをめくりあげ、ふくらみに唇を這わせ強く吸い上げる「ぁん・・んん・・・・へい・・じ・・・・・やめっ!」「・・はっ・・・・とまらん・・・和葉、オレの部屋に来いや」「・・・なに言うて・・・んっ・・・・・へいじぃ、だめ・・・・・っこんなところでっ」「そやったら・・・どこやったらええんや? いつやったら・・・・ええんや・・・・・?」「・・・・・・平次・・?」和葉が何か言おうとした時「誰か居るんか?」「親父・・?」「今、帰ったで?」和葉が慌ててカーディガンを拾って、そのまま客間に走って行ってしまった「・・・・何や、帰ってたんか」「寝るわ」何処やったらええんや?いつやったらええんや?あほな事言うてしまった・・・なぁ・・・くっそ、眠れんっ!次の朝、何となく顔を合わせずらく思っていたら府警から連絡があって和葉をそのまま残して事件に向かい、その日は遅くに自宅に帰った自宅に帰り電源を入れるとメールが届いてた 『今度のお休みに、雪美の新居に遊びにおいでって誘われたん。  平次も一緒に行かへん?』オレを避けてるワケでもないでも、オレの部屋には来ぃひんでも、オレのキスは抵抗せぇへん・・・・わからん・・・・・・・和葉の気持ちがわからん・・・・・・・オレはそのメールにも返信をせんで、何を言ったらええんかわからんくてそのまま1週間以上も和葉に連絡を取らなかった        <あとがき>こじれる〜〜〜!平次は何でもないって顔をしながら、頭ん中では和葉ちゃんの事ばっかり考えてればいいさっ!!!聞くに聞けないよなぁ・・・こういうデリケートな内容って。も少し続きます。ラスト、何とか書き上げましたので4話まで毎日更新予定です。読んで下さってありがとうございました!!!!!!!. 「平次がはっきりしてくれたらええんや!はっきりしてくれたらな!!」 そう、全ては平次の和葉への気持ちが曖昧にされているがためだった。 中庭に息を切らして平次が辿り着くと、人垣の中に、和葉が横たわっていた。 「和葉! ‚Ì‚²Žq‘§‚ªl—li•½ŽŸ‚ÉŒ¾‚킹‚ê‚΁u‚ ‚Ì‚­‚»‚ª‚«v‚©?iÎjj‚ð‚ǂ‚¢‚½‚ç‚Ü‚¸‚¢‚ŁB 服部平次はマクドナルドでハンバーガーに喰らいつきながら、悪友達の話を聞いていた。悪友は全部で5人。平次を入れて、男6人でいるわけである。 本日は職員会議の為、授業は半ドン。全員制服を着て、長い足を持て余しながら椅子に腰掛けている。 名探偵コナンから、平和な2人のお話を 夫婦な2人 「なぁ、和葉」 「ん?なあに」 「オレ、浮気なんしてへんから」 「はい??」 そんなに目を見開… 「和葉ちゃん、遅かったんやね~心配してたんよ」 「そやからオレが連れて来たったやん」 「和葉ちゃん、夕ご飯は?食べてきた?」 「うん、平次と一緒に食べてきてしもた」 「ええんよ、そやったらお風呂入っちゃってな?客間にお布団敷いとくし? —Ž‚¿’…‚¢‚Ä‚»‚¤‚Řa—t‚ª‚ç‚Ý‚É‚È‚é‚ÆŒ©‹«‚È‚¢‚ñ‚â‚©‚çII 服部平次+和葉~色黒元気印~5 [アニメ] 前→sm18343212次→sm18597111まとめ→mylist/32298180

テーパー ポール 垂直測定器, 煮豚 残り 汁 保存, 手に職 女性 30代, トライアル カード 作り方, 交通違反 点数 累積,