新世代とし魅力をアップする新型CX-50のスペックや価格などを、最新情報からご紹介します。, マツダCX-50はブランドの新しい上級SUVとして計画され、FFベースからFRベースへの変更を発表しているマツダの新世代上級車用プラットフォームを採用。同じくFRベースとなるフラッグシップセダン「マツダ6」と基礎を共有します。, 車名は商標登録が確認されており、「CX-30」に続き2桁の数字名を持つモデルとなります。, 新世代SUVとなる新型CX-50では、新開発エンジンを搭載し、最新のデザインを採用することでさらなる質感がつくられます。, 【新型マツダ6】フルモデルチェンジ!最新情報、セダン&ワゴンの価格、燃費、発売日は?, マツダ新型CX-50の外装は、後輪駆動ベースとなる新世代プラットフォームを採用することで、より伸びやかなデザインとなります。, リアは現行モデルのCX-5からリアウィンドウの傾斜をアップすることで、クーペSUVを意識した滑らかなボディラインがつくられます。, 新型CX-50のボディサイズは、駆動レイアウトの変更にあわせ全長を拡大しますが、拡大幅を抑えることで現行モデルに近い使い勝手がつくられます。, 新型CX-50の内装は、現行モデルで採用されていた栓(セン)の木を使用した本杢(ホンモク)パネルやナッパレザーなど、本物の素材にこだわったエレガントなデザインとされます。, メーターは、開発モデルの画像がリークされていたデジタルメーターとされ、走行に必要な多彩な情報がわかりやすくドライバーに提供されます。, シートは、上級SUVならではの快適性を持ちながら、高い運動性能を楽しむことができるホールド性を確保し、マツダがこだわりを持つ人と車が一体となるような操作感がつくられます。, 新型CX-50には、新開発される直列6気筒3Lガソリン/ディーゼルターボエンジンと電動スーパーチャージャーを組み合わせたパワートレインが搭載され、大幅に走行性能をアップします。, マツダは2017年8月に、米国特許商標局に電動スーパーチャージャーに関する特許を申請したことが確認されており、ツインターボと組み合わせることでターボラグのない、常に最適な過給を実現。高い運動性能と環境性能を両立する技術になっています。, 新型CX-50では新しい過給システムとあわせるエンジンに、V型よりエンジンルームを効率的に使用できるとして欧州車を中心に復活採用されている直列6気筒エンジンを新開発。, マツダが世界トップクラスの技術を持つガソリンエンジン「SKYACTIV-X」とディーゼルエンジン「SKYACTIV-D」として、さらなる走行性能と環境性能が両立されます。, 新型CX-50の燃費は、最新技術を採用するエンジンにより、排気量を大きくしながら現行モデルに迫る数値になると見られています。, 現行モデルでは2.2Lディーゼルエンジンで19.4km/Lでしたが、新型CX-50では大幅に出力をあげながらも17km/L前後の燃費が見込まれています。, 新型CX-50の安全装備には、先進安全システム「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」が装備されます。, i-ACTIVSENSEは、夜間の歩行者認識精度を高めた自動ブレーキや、現行モデルで左右それぞれ20分割のLEDを緻密にコントロールしている「アダプティブLEDヘッドライト」などを採用。, 先行車にあわせて停止から再発進まで対応する、アダプティブクルーズコントロールも装備されます。, 新型CX-50の価格は、プレミアムSUVとして基礎からパッケージングを見直すことでアップします。, 現行モデルとなる「CX-5」はスタート価格が200万円台後半からとなっていましたが、新型CX-50では300万円台前半からとすることで装備を充実し、プレミアムSUVとしての魅力がセールスされます。, マツダは上級車用のFRプラットフォーム、コンパクトカーからミドルクラスを担当するFFプラットフォームを制作することでそれぞれの魅力を伸ばし、ブランド力を高めていく予定です。, 新型マツダCX-50については今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!, 当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 今回は「SKYACTIV-G 2.0」に4WDが搭載される... マツダは「フレアワゴン」の一部改良を行い2020年9月3日発売した。 電動化技術の搭載を進めるマツダは、2021年にプラグインハイブリッド車を投入すると明言しています。新型suvとして「cx-50」が投入される可能性があるというのですが、どのようなモデルなのでしょう … そして、マツダが新世代商品第二弾となる新型suvをジュネーブモーターショー2019(2019年3月5日~3月17日に開催)にて世界初公開することを発表。 これによって次期CX-3は、2019年に全面改良する新型Mazda3(アクセラ)に続いての発売かと話題になったわけですが意外な展開が待ち構えていました。 新型 MAZDA3 商品改良 マツダは「CX-5」マイナーチェンジ を行い2021年モデルとして米国にて2020年8月25日発表(現地時間)発表した。特別仕様車「Carbon Edition」は、大胆な配色で、米国でのブランドのベストセラー車に独自性をもたらしている。2... マツダ 新型 MAZDA3 アクセラ フルモデルチェンジ 2019年5月24日発売. 参考:マツダcx-5. 新型 CX-5 特別仕様車 SMART EDIT... マツダは新型「MAZDA3」の商品改良を行い2020年3月12日に発売する。 ただ早くも新型cx-5のフルモデルチェンジ情報が!! そこで今回カーギークではマツダ新型cx-5のフルモデルチェンジ最新情報をまとめてみたいと思います。果たして、次期cx-5はいつ頃に発 … マツダは「cx-5」マイナーチェンジ を行い日本にて2020年11月に発売する。cx-5 マイナーチェンジ 2020年 モデルについて新型「mazda3」同様の最新世代のマツダコネクトインフォテインメントシステム「new mazda con 世界中で人気を博しているマツダのクロスオーバーsuv「cx-5」のフルモデルチェンジについて予想します。現行型の2代目cx-5は2017年に発売されました。フルモデルチェンジのスパンを考えると、2022年には新型が発売される可能性が…? マツダ新型cx-50の外装は、後輪駆動ベースとなる新世代プラットフォームを採用することで、より伸びやかなデザインとなります。 フロントは、ブランドデザインを維持しながら重心をダウンすることで上質感をアップ。 燃焼効率に優れた「skyactivエンジン」を搭載しマツダの主力suvとなり、その後コンパクトなcx-3、2017年12月にはcx-5の上位に位置する新型suvのcx-8も発売される流れをつくりました。 Copyright © 2013-2020 最新自動車情報2020 All Rights Reserved. 新型「MAZDA3」同様の最新世代のマツダコネクトインフォテインメントシステム「NEW MAZDA CONNECT(ニューマツダコネクト)」を備えた新しい「10.25インチ」の大型センターディスプレイには、「Apple CarPlay」「Android Auto」機能を搭載。, マツダ 新型 CX-5 商品改良を行い日本では2019年12月12日から受注開始。2020年1月17日に発売する。年次改良となる今回は利便性や快適性を向上。すべてのエンジンモデルにおいて2WDとAWDのどちらの駆動方式も選択可能。特別仕様車「Silk Beige Selection(シルク ベージュ セレクション)」を新たに設定した。塗布型制振材の採用により雨粒がルーフを叩くことで発生する騒音を低減させ、上質感を高める。インテリアは「WVGAセンターディスプレイのサイズを大型化(7インチ→8インチ)」。電動スライド&リクライニング機構やベンチレーション機能を装備、運転席や助手席だけでなく、2列目シートの同乗者にもくつろいでいただける空間とする。パワートレインでは、すべてのエンジンモデルにおいて2WDとAWDのどちらの駆動方式も選択可能。AWD車には、「オフロード・トラクション・アシスト」を採用。「ステアリング シフトスイッチ」を標準装備。ボディカラーに「ポリメタルグレーメタリック」を追加。新世代デザインの「アドバンストキー」を採用。特別仕様車「Silk Beige Selection」を設定。, マツダは新型CX-5のマイナーチェンジ (商品改良)年次改良を行い2018年10月11日発表、11月22日に発売。CX-5 2.5T ベースの特別仕様車「Exclusive Mode」も追加される。価格:257万400円~388万2600円。マツダは新型CX-5のフルモデルチェンジを行い2017年2月2日に発売。マツダは新型CX-5のマイナーチェンジ (一部改良) を行い2018年3月8日発売。今回の改良により噂では新型CX-9に搭載されている直列4気筒2.5L直噴ガソリンターボエンジン「SKYACTIV-G 2.5T」を搭載。, SKYACTIV-G 2.5T 直列4気筒2.5L直噴ガソリンターボエンジン、最高出力:169kW(230ps)227HP/4,350rpm、最大トルク:420Nm(43.8kgm)/2,000rpm、トランスミッション:6速AT、WLTCモード燃費:12.2km/L〜12.6km/L「SKYACTIV-G 2.5T」を国内で初採用となった。クリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 2.2」に6MTモデルをラインナップ。マツダの新世代車両運動制御技術「スカイアクティブ ビークル ダイナミク(SKYACTIV-VEHICLE DYNAMICS)」第2弾となる「G-ベクタリング コントロール プラス(G-Vectoring Control Plus)」を初採用した。インテリアは「マツダ コネクト」を「Android Auto」と「Apple CarPlay」に対応となる。(マツダ車国内初採用)新型アクセラに搭載されたフロントシートに快適な風が流れる「シートベンチレーション」を初搭載。更に全車に標準搭載されている先進安全技術「i-ACTIVSENSE」の性能向上が行われる。アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート(アドバンストSCBS)に夜間歩行者検知機能を追加。, 日立オートモティブシステムズが有する車両運動制御アルゴリズムを基にマツダが応用開発し、2016年に発表した「G-ベクタリング コントロール(以下GVC)」の進化技術。GVCによる車両の横方向と前後方向の連係運動に加えて、ブレーキによる直接ヨーモーメント制御によって更なる車両挙動の安定化を実現します。GVC Plusは、マツダCX-5の商品改良モデルから順次、マツダの各モデルへ搭載される。, 360°ビュー・モニターを特別仕様車「Exclusive Mode」に標準設定。シート素材に、滑らかな感触のナッパレザーを採用するとともに、インテリア上部に黒、下部には深みのある、ディープレッドという専用のカラーコーディネーションを設定。本物の木を素材とする「本杢」の加飾パネルを採用し、温かみのある洗練された世界観を表現。鏡面側の縁取りをなくしたフレームレスインナーミラーにより、視野拡大と見た目のすっきり感を向上。19インチアルミホイールに、専用の高輝度ダーク塗装を特別採用し、落ち着きと精悍さを表現前席シート両側に、体との間にこもる不快な熱気を吸い出す「シートベンチレーション」機能を搭載。メーター中央に7インチTFTメーターを採用。運転に必要な情報を整理して見やすく表示。室内照明をすべて白色LEDで統一。前席と後席にフットランプとイルミネーション機能を標準装備。, WLTCモードは、3つの走行モード「市街地モード(WLTC-L)」「郊外モード(WLTC-M)」「高速道路モード(WLTC-H)」で構成された国際的な試験方法です。従来のJC08モードに比べ、冷機状態での走行時間割合の増加、アイドリング時間比率の減少、運転者以外の乗員や積載物の重量考慮などにより、実際の使用実態を意識した内容となっています。, 最新自動車情報はサイトを変更致しました。アドレスが変更となりましたのでブックマークなどの変更をお願い致します。, マツダ 新型 CX-5 マイナーチェンジ 最新マツダコネクト 10.25インチ搭載 2020年8月25日発表. マツダは「アクセラ」 セダン/ハッチバックのフルモデルチェンジを行い、2019年5月24日に発売する。今回から新世代商品第一弾とし全世界共通で車名を「MAZDA3」改名した。 価格:218万1,000円〜362万1,400円 先行予約は... マツダ 新型 CX-5 商品改良 特別仕様車「Silk Beige Selection」追加 2020年1月17日発売. 新型 フレア 商品改良 について マツダ 新型 CX-5 商品改良を行い日本では2019年12月12日から受注開始。2020年1月17日に発売する。年次改良となる今回は利便性や快適性を向上。すべてのエンジンモデルにおいて2WDとAWDのどちらの駆動方式も選択可能。特別仕様車... マツダ 新型 CX-5 マイナーチェンジ (商品改良) 2.5L直噴ガソリンターボエンジ追加 2018年10月11日発表、11月22日 発売, マツダは新型CX-5はマイナーチェンジ 商品改良2018年11月22日発売。特別仕様車「Exclusive Mode」追加。「SKYACTIV-G 2.5T」を採用。「SKYACTIV-D 2.2」に6MTモデル。「G-ベクタリング コントロール プラス」採用。. また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。, 【マツダ新型CX-50】「CX-5後継FR化!」2021年後半フルモデルチェンジ発売!最新情報、スペック、価格は?, 【マツダ新型CX-3】1.5L特別仕様「URBAN DRESSER」2020年10月29日発売!最新…, 【マツダ新型CX-5】「10.25インチ画面採用!」2020年11月年次改良日本発売!最新情報、サイ…, 【マツダ新型CX-3】189万円からに!2020年6月4日マイナーチェンジ日本発売!最新情報、燃費、…, 【マツダ新型CX-8最新情報】2019年11月28日マイナーチェンジ日本発売!2.5Lガソリンターボ…, 【新型マツダ6最新情報】2019年8月1日アテンザマイナーチェンジ日本発売!2.5T、セダン&ワゴン…, 【レクサス新型LBX】「新コンパクトSUV!」2021年発表!最新情報、サイズ、燃費、価格は?, 【新型2シリーズアクティブツアラー】2020年末フルモデルチェンジ発表!最新情報、スペック、燃費、価格、発売日は?, 【フェラーリ新型SF90ストラダーレ】PHEVオープン!「スパイダー」発表!最新情報、価格やスペックは?, 【ルノー新型カングー】「新世代!」2021年型フルモデルチェンジ発表!最新情報、サイズ、燃費、発売日、価格は?, 【新型エスカレード】「新世代最上級!」2020年11月13日フルモデルチェンジ日本発売!最新情報、価格、サイズ、燃費は?, 【スバル新型WRX STI/S4】「プロト走行開始!」2021年10月フルモデルチェンジ発表!最新情報、発売日や価格、スペックは?, 【BMW新型iX】「600km走行!新電気自動車SUV!」2020年11月11日発表!最新情報、価格、スペックは?, 【トヨタ新型ノア】2021年7月フルモデルチェンジ!最新情報、ノアカスタム、価格、サイズ、燃費、発売日は?, 上級車用として新開発するプラットフォームを使用し、駆動方式をFFベースからFRベースに変更, 直列6気筒ガソリン/ディーゼルツインターボと電動スーパーチャージャーを組み合わせたパワートレインを搭載. マツダは新型「CX-5」をベースにした特別仕様車「SMART EDITION」を追加し2020年5月28日に発売した。 改良により魅力をアップする新型CX-5のスペックや燃費などについて、最新情報からご紹介します。, マツダCX-5は、ブランドのミドルクラスSUVとしてラインナップされ、現行モデルは2016年にフルモデルチェンジ。他モデルよりひと足早く最新世代のマツダ車になっています。, 2021年モデルとして年次改良を受ける新型CX-5では、2020年8月に発表された海外モデルと同じく、インフォテインメントシステム「マツダコネクト」の最新バージョンを搭載し、ディスプレイサイズを10.25インチに拡大することで使い勝手がアップされます。, 【マツダ新型CX-8最新情報】マイナーチェンジ日本発売!2.5Lガソリンターボ、3列シート7人乗り、価格、燃費は?, ▼アクセサリーパッケージ「TOUGH-SPORT STYLE」 ボディカラー:ポリメタルグレーメタリック, 2019年の改良時には、新世代モデル「マツダ3」にあわせて開発されていた「ポリメタルグレーメタリック」をボディカラーに新採用。, またアクセサリーパッケージとして「TOUGH-SPORT STYLE」が設定され、セット化されたフロント/リアアンダーガーニッシュ、ルーフレールと、アクティブなライフスタイルを支援するオールウェザーマット、ラゲッジトレイにより、SUVらしい力強くタフな印象をアップすることができるようになっています。, マツダCX-5では、2019年の改良時に「マツダコネクト」に採用されるWVGAセンターディスプレイのサイズが7インチから8インチに変更されていましたが、最新の改良ではさらに10.25インチに大型化することで使い勝手を向上。, 「Android Auto」「AppleCarplay」にも対応し、スマートフォンの機能を大きなディスプレイで使うことができるようになります。, 新型CX-5には、2Lから2.5Lのガソリン、2.2Lディーゼルエンジンが搭載されます。, マツダCX-5では2019年の改良時に「ステアリングシフトスイッチ」が追加され、Dレンジのままでも一時的な変速が可能になる「ダイレクトモード」に対応することで、よりドライバーのフィーリングにあった運転が可能となっています。, エンジンは2018年2月の改良により、2.5Lガソリンエンジンにマツダで初めて気筒休止システムが採用され、クルージングなどの低負荷走行時に、直列に並ぶ外側2つのシリンダーの燃焼を停止することで燃費性能を改善。, 2.2Lディーゼルターボエンジンはそれまで出力が175馬力/42.8kgmでしたが、3列シートSUVとして新発売されたCX-8に搭載された改良型を採用することで190馬力/45.9kgmまでパワフルに。, 2018年11月の改良ではディーゼル車のFFと4WD車で、6速マニュアルトランスミッションも選択できるようになっています。, マツダ新型CX-5の走行システムには、2019年の改良時に、新開発された「オフロード・トラクション・アシスト」がAWD車に採用されています。, 「オフロード・トラクション・アシスト」は、悪路における想定外のスタック時にも、AWDとトラクション・コントロール・システム(TCS)の協調によって接地輪への駆動力伝達を最大化して、悪路からのスムーズな脱出を実現。, その他、新型CX-5には、新世代車両運動制御技術「スカイアクティブ ビークル ダイナミクス(SKYACTIV-VEHICLE DYNAMICS)」の第二弾として、「G-ベクタリング コントロール プラス (G-Vectoring Control Plus)」を搭載。, 旋回中のドライバーのハンドル戻し操作に応じて外輪をわずかに制動し、車両を直進状態へ戻すための復元モーメントを与えることで安定性を向上。, ヨー、ロール、ピッチの各回転運動のつながりを高い旋回Gの領域まで一貫させ、素早いハンドル操作に対する車両の追従性を高めるとともに、挙動の収束性を大幅に改善しています。, これにより、緊急時の危険回避能力を高めるとともに、高速走行時の車線変更や、雪道など滑りやすい路面環境においても、人間にとって制御しやすく、より安心感の高い動きに仕上げられています。, 新型CX-5の燃費は、走行性能を重視したSUVながら良好な燃費に仕上げられています。, 最上位の2.5Lターボモデルは、WLTCモードで13.8km/Lとなっている自然吸気エンジンからダウン幅を抑え12.6km/Lとなっています。, マツダCX-5の安全装備には、先進安全システム「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」が採用されます。, i-ACTIVSENSEは、夜間における歩行者認識精度を向上した「アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート(アドバンストSCBS)夜間歩行者検知機能付」を採用。, その他、車両の前後左右をカバーするカメラ映像を走行状況に応じて切り替えてセンターディスプレイに表示する「360°ビュー・モニター」が設定され、大きめの車体でも安全に運転することが可能になります。, マツダ新型CX-5のボディサイズは、3列シートSUVとしてラインナップされるCX-8から全長が-355mm、全高が-40mmとなっています。, ホイールベースも-230mmとすることで、取り回しの良さや軽快さが魅力になっています。, 年次改良をうけるマツダ新型CX-5は、2020年11月の日本発売が予定されています。, マツダは主力モデルとなっているCX-5の使い勝手をアップすることで、さらなるユーザーにアピールしていく予定です。, マツダ CX-5(シーエックスファイブ)は、2012年に初代が発売されたマツダのクロスオーバーSUVです。, 2011年3月のジュネーブ・モーターショーにてマツダのブランドデザイン「魂動 ~Soul of Motion~」をテーマとするコンセプトカー「勢 (MINAGI/ミナギ) 」を発表し、4月には市販モデルの名称を「CX-5」に決定。9月のフランクフルト・モーターショーで市販モデルを世界初公開後、12月に開催された東京モーターショーに出品されました。, 燃焼効率に優れた「SKYACTIVエンジン」を搭載しマツダの主力SUVとなり、その後コンパクトなCX-3、2017年12月にはCX-5の上位に位置する新型SUVのCX-8も発売される流れをつくりました。, 「魂動-Soul of Motion」のコンセプトをより高い次元へと昇華させることに挑戦し、「REFINED TOUGHNESS(洗練された力強さ)」をキーワードに「成熟した骨格」「品格のあるフォルム」「仕立てのよい質感」を軸に内外装をデザイン。, 月間販売目標台数は2400台でしたが、発売前の予約受注1ヶ月半で9055台を受注しました。, 新型CX-5については今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!, 当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。, 【マツダ新型CX-5】「10.25インチ画面採用!」2020年11月年次改良日本発売!最新情報、サイズ、燃費、価格は?, 【マツダ新型フレアワゴン】「安全装備全車標準化!」2020年9月3日マイチェン発売!最新情報、燃費、…, 【マツダ新型CX-3】189万円からに!2020年6月4日マイナーチェンジ日本発売!最新情報、燃費、…, 【マツダ新型CX-30】2020年11月中旬年次改良日本発売!最新情報、サイズ、燃費、価格は?, 【マツダ新型CX-30】1月16日「SKYACTIV-X」日本発売!最新情報、ロータリーEV、サイズ…, 【マツダ新型CX-3】2021年末フルモデルチェンジ!最新情報、サイズ、燃費、価格、発売日は?, 【レクサス新型LBX】「新コンパクトSUV!」2021年発表!最新情報、サイズ、燃費、価格は?, 【新型2シリーズアクティブツアラー】2020年末フルモデルチェンジ発表!最新情報、スペック、燃費、価格、発売日は?, 【フェラーリ新型SF90ストラダーレ】PHEVオープン!「スパイダー」発表!最新情報、価格やスペックは?, 【ルノー新型カングー】「新世代!」2021年型フルモデルチェンジ発表!最新情報、サイズ、燃費、発売日、価格は?, 【新型エスカレード】「新世代最上級!」2020年11月13日フルモデルチェンジ日本発売!最新情報、価格、サイズ、燃費は?, 【スバル新型WRX STI/S4】「プロト走行開始!」2021年10月フルモデルチェンジ発表!最新情報、発売日や価格、スペックは?, 【BMW新型iX】「600km走行!新電気自動車SUV!」2020年11月11日発表!最新情報、価格、スペックは?, 【トヨタ新型ノア】2021年7月フルモデルチェンジ!最新情報、ノアカスタム、価格、サイズ、燃費、発売日は?, 新開発「オフロード・トラクション・アシスト」をAWD車に採用し、想定外のスタック時に、悪路からのスムーズな脱出を実現, アクセル制御に加えブレーキ制御も行うことで車両制御システムを進化させた「G-ベクタリング コントロール プラス(GVC プラス)」を全車に標準設定, クリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 2.2」に6速MT「SKYACTIV-MT」を設定, アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート(アドバンストSCBS)に夜間歩行者検知機能を追加, 360°ビュー・モニターを特別仕様車「Exclusive Mode」に標準設定、全機種にメーカーオプション設定, エアコンパネルデザインと各種スイッチ・ダイアルのデザインを一新し、質感と操作性を向上, ノーマルスピーカー車のAピラートリム表面素材を樹脂からファブリックに変更。また、ノーマルスピーカー車はAピラー根元にツイーターを追加し、スピーカー数を従来の4個から6個に増加. フレアワゴンは安全技術の機能向上し、夜間歩行者検知機能付き「デュア... マツダは「フレア」を商品改良して2020年1月23日発売した。 マツダ cx-5の新車・中古車情報をまとめてチェック。cx-5新型モデルの最新ニュースや自動車ライターによる試乗記事を多数掲載。価格・性能・装備がわかるcx-5の諸元表で気になるグレードを詳しく比較。ユーザーレビューや値引きのクチコミ情報もあります。 マツダの人気クロスオーバーsuv「cx-5」がフルモデルチェンジ、後継次期新型は「cx-50」の車名にするだろうというスクープ情報が、デザイン予想cgとともにmoby編集部に入ってきました。 今回の商品改良で、「前後の衝突被害軽減ブレーキ」「後方誤発進抑制機能... マツダは、創立100周年を記念する特別装備を採用した「100周年特別記念車」を国内で販売する乗用車全車種に設定、2021年3月末までの期間限定販売すると2020年4月3日... マツダは新型「CX-30」のSKYACTIV-X 搭載モデルを2020年1月16日発売する。「CX-30」は日本では2019年9月20日発表し予約受注開始。10月24日に... ゼネラルモーターズ キャデラック 新型 エスカレード フルモデルチェンジ 日本 2020年11月13日発売, フェラーリ 新型 SF90ストラダーレ スパイダー PHEV 2020年11月12日発表, ホンダ 新型 シビック フルモデルチェンジ 11代目 プロトタイプ 2020年11月17日公開, スズキ 新型 ソリオ ・ソリオ バンディット フルモデルチェンジ 4代目 2020年12月4日発売. マツダ新型cx-50のcg. マツダ 新型 CX-5 マイナーチェンジ (商品改良) 最新マツダコネクト 10.25インチ搭載 2020年11月 発売, G-ベクタリング コントロール プラス(G-Vectoring Control Plus)を搭載, トヨタ 新型 ハリアー 4代目 フルモデルチェンジ TNGA採用 2020年6月17日発売, トヨタ 新型 ノア ヴォクシー 4代目 フルモデルチェンジ TNGA採用 2021年7月発売, トヨタ 新型 ランドクルーザー プラド フルモデルチェンジ 180系 2022年8月発売, 日産 新型 ノート e-POWER 3代目 フルモデルチェンジ 2020年12月23日発売, マツダは新型CX-5のマイナーチェンジ (一部改良) を行い2018年3月8日発売。.

Pretty Good 意味 6, インスタ 自動フォロー うざい 5, 防衛大学 校 入学手続き 4, 韓国アイドル 解散 その後 4, Obd2 R3 ゴルフ7 13, Ps3 Psボタン キーボード 6, 教員 未婚 妊娠 5, プロスピa リーグオーダー 優先 52,