モンスターカード.

ハイレート・ドロー(TF6) 通常罠 自分フィールド上に存在するモンスターを全て破壊する。 その後、破壊され墓地へ送られた機械族モンスター1体につき、 自分のデッキからカードを1枚ドローする。 手札 … 遊戯王カードWiki † 遊戯王カードWikiにようこそ! だれでもページの作成・更新が可能なサイトです。 荒らしは他の利用者の迷惑になります。ご遠慮ください。 ※荒らすと一切Wikiを閲覧出来なくなります。 ※またプロバイダーの方に通報します。 ↑ 注意事項 † カードのページのFAQ しかし全く同じ効果であっても、「コストではない効果」「コストでも効果でもない手順」が存在しこれにより効果の処理が異なるがこれらの見分け方はテキストからは分からない。コストと効果の違いについてすらもゼアルオフィシャルカードゲームになるまではルールブックにすら記載されておらず長らく事務局の裁定でのみ告知されている状態だった。現在でも「手順」については記載されておらず「手順」という存在自体が事務局に問い合わせないとプレイヤーが知ることはできない。 第6期以降、コストと効果の違いはテキストで明文化されるようになったが、手順については明文化されていない。また効果とコストの違いについてもカードによって異なる裁定が下されることも多く解決してはいない。, 「カードの効果発動権は常にターンプレイヤーが優先し、行使後相手に移る」というルールで、遊戯王初心者プレイヤーにとって、上記の「チェーン」と並び理解が難しい条項。, この権利により、モンスター起動効果の行使の有無、同じスペルスピードの処理等の駆け引きが発生する。, 「ターンプレイヤーの攻撃宣言後、バトルステップ中に非ターンプレイヤーの場のモンスター数が変化した場合、ターンプレイヤーは攻撃対象を選択しなおせる」というルール。そのため、バトルステップにおいては原作にあった「融合解除」によるリリースエスケープはできない。, 遊戯王OCGにおいては攻撃に対する防御として、相手の攻撃宣言時にフィールドにモンスターを特殊召喚できる効果や発動コストとしてモンスターを生け贄に捧げるカード、バウンスさせるカードなどが存在し、この場合に適用される。, 巻き戻しが適用された場合、攻撃宣言を行ったモンスターの攻撃を中止する事も可能である。中止した場合、基本的にそのバトルフェイズでは攻撃できなくなり、表示形式の変更も出来ない。, 巻き戻しが発生し、対象を選びなおして攻撃する場合、それは「攻撃宣言」ではない。したがって攻撃宣言対応罠(「炸裂装甲」や「万能地雷グレイモヤ」など)を発動することは出来ない。, 仮に相手モンスターの数が最終的に同じであっても、その過程で増減があった場合は巻き戻しが適用される。, なお、バトルステップが終わり、ダメージステップに入ってしまった場合は、非ターンプレイヤーのモンスターの数が増減しても巻き戻しは適用されず、攻撃対象の変更が行えない(攻撃対象のモンスターがフィールドを離れた場合は、攻撃モンスターの攻撃権を消費した状態でバトルが中断される)。, 「暗黒魔族ギルファー・デーモン」と「リーフ・フェアリー」による即死コンボ疑惑から良く知られるとなったルール。このルールは上記の即死コンボ疑惑を規制するためのルールだと思われるが、その前にも、既に存在し続けるルールである。「〜時、…できる。」とかかれた効果(モンスターの任意誘発効果、および発動条件が定められた魔法・罠カード)は、「トリガーとなった処理の後に別の処理が挟まった場合、発動タイミングを逃し発動できない」とするルールである。この現象は効果の連鎖(チェーン)時に発生する。要は、LPやステータス変動・ドロー・カードを捨てる・特殊召喚といった「タイミング」という発動トリガーは常に更新され続け、最新のタイミングしか参照されないのである。ただし、制限がかかるのはタイミングのみで、例えば蘇生と除外を同時に行う効果の場合この2つをどちらがトリガーでもタイミングを逃さない。, 実際には「暗黒魔族ギルファー・デーモン」が「リーフ・フェアリー」の効果の発動コストとして墓地へ送られた後、ダメージを与える処理が挟まるため「暗黒魔族ギルファー・デーモン」は自身の効果を発動するべきタイミングを逃し、無限に装備することができない。, このルールの制定により、「強制効果か任意効果か」「コストか効果か」「1つの効果に存在する2つ以上の処理は同時か順番か」「2つ以上の処理は一連の処理か個別にチェーンブロックを作る処理か、あるいはいずれかは永続効果なのか」などが重要になり、ルールを複雑化させてしまった。一応、強制効果かはする/できるという記載があるか、コストかは何かを支払う処理で完結しているか、一連の処理かは発動直後に選択したカードへの処理で完結していないか、といった基本的な判断基準はある。しかし、それさえも前後の文の繋がりで変化する場合がある上、現在ではさらに「タイミングを逃さない誘発効果」「タイミングを逃す要因にならないはずの永続効果によってタイミングを逃す事例」などが存在し、同じテキストでも異なる裁定になるなど、さらに複雑な様相を呈している。, なお、上記の他にも「ゲームから取り除かれた」(除外された)カードを置いておく場所を用意する必要がある。ただし、この場所については公式ルールでも具体的な場所等の取り決めはない。「タッグフォース」などのゲームでは、墓地の前となっている(ペンデュラムゾーンが追加されたSPでは墓地の右隣)。, カードが増加するに従い、カード間で効果の矛盾点やゲームバランスの狂いなどが生じることを防ぐため、現在ではコナミ内に所在する「遊戯王OCG事務局」がルールの解釈や管理を行っている。, 事務局主催の、初心者向けのルール解説と実技の講習会。カードを持っていなくても参加ができる。会場や開催時期は公式HPで不定期に公開されている。, 公認大会などではゲームバランスを考慮し、極端な勝率や大会プレイとしては不条理な戦況を生み出すおそれのあるカードの使用を制限・禁止している。, これらのリミットレギュレーションは現在3ヶ月に一度(1月1日、4月1日、7月1日、10月1日)更新され、公式ホームページ等で発表される。

主にライフポイントの支払い、自軍のフィールド上のモンスターのリリース、手札を墓地に送るなどである。 余談だが英語版では北米とEU圏では出荷工場の違いからカードの紙質および印刷の濃さやレアの加工などが異なっており、マニアの間では北米よりもEUのほうが質が高いとされているが日本では北米のほうが流通しているためか入手が少々困難となっている。, 上記の言語版と異なり、収録されているカードが独自の封入構成となっており、レアリティもこの言語独自のレアリティが設定されている。, 全体的に日本語版・英語版よりも強力なカードや入手が限られるカードが低いレアリティに設定されている。, 韓国語版の特徴としてカードとは別に韓国で行方不明となっている子供の捜索願いと写真が封入されている。事件については北朝鮮による韓国人拉致問題を参照。, 長らく公式商品としては中国語版が存在しなかった(一部の日本のプレミアムカードは例外)が2014年に販売がスタートした。 同じテキストでもコストか効果か手順が異なることもあるので、ルールを複雑化させている要因のひとつでもある。

劇場版『遊戯王 the dark side of dimensions』では、海馬が《オベリスクの巨神兵》を何と地面からドローしている(詳細はあちらのページを参照)。 このシーンは非常に印象的であり、スタッフや公式サイドからも「地面からドロー」と例えられた他、海馬役の津田氏は見どころとして挙げている。 略称は「遊☆戯☆王(遊戯王)ocg ... 悪魔、アン デット、海竜 ... ハイスピード・ライダーズ - (sphr) 2015年8月22日 ブースターsp - ウィング・レイダーズ - (spwr) 2015年11月14日 ブースターsp - デステニー・ソルジャーズ - (spds) 2016年8月6日 ブースターsp - フュージョン・エンフォーサーズ - … 他言語版と異なり殆どのカードの中国語版が存在しないこと、アジア圏ではこれまで日本語版で大会を行っていたこともあり公式サイトでは日本語版のカードも併用することが推奨されている。, 全て集英社が発行。カードの使い方が実践的ではない、誤っていることがある[13]。本作のカードが付属するのみの書籍、本作を題材としたコンピューターゲームの攻略本は割愛する。, オフィシャルカードゲーム展開以前、1998年のテレビ朝日版のテレビアニメ『遊☆戯☆王』が放送された時期に玩具版権を持っていたバンダイより発売されたカードダス。1999年に全3弾の発売を終了。総数はカードダス自販機販売分とプロモカードを合わせて全124種類。後にOCGもBOOSTERシリーズをカードダスで販売しているが、このカードダスとは関係ない。, カードデザインは裏面が原作のものに近い紫を基調とした渦巻き柄、表面が一律肌色で、OCGのようにカードの種類による色の違いがない。一部を除いたカードに少しずつルールが記載されており、集める度にルールを理解できる仕組みになっている。レアリティはノーマル仕様と箔押し・ホロ仕様の三種類。箔押しはOCGにおけるレア、ホロ仕様はスーパーレア相当の加工がなされている。モンスターの属性はアイコン化されているOCGとは異なり、共通化された背景から読み取る事が可能で、光・闇・土・木・水・雷・炎・無の8種類が存在。ルールも単純なものになっている。収録されたカードは原作登場カードと東映版アニメ登場カードを中心とし、第一弾のみ登場人物のキャラクターカードが存在する。サプライグッズは4ポケットのカードアルバムとその追加ポケット、デッキケース(スターチップシールつき)が発売された。, ルールそのものが整備されていなかったことによりまともに対戦することが困難であったという評価もある[14]。, ゲームボーイ版『遊戯王デュエルモンスターズ』やPSソフト『遊戯王 モンスターカプセル ブリード&バトル』の特典として作られたカード。後のOCGよりカードサイズが大きい。カードの一部にはOCGにイラストが転用されたものも存在する。, 1999年4月にトップ製菓から発売されたガム付属カード。収録されているのはすべてモンスターで、王国編初期と東映版のカードで占められている。, 他にもKONAMIのロゴは2003年に現行の4代目になっているが、カード裏面に表記されているKONAMIのロゴは1998年から使用の3代目のままで変更されていない。, 関連メディアにおいても「まほう」「マジック」で表記がバラバラになっており、統一されていない。, コントロールの変更やカード効果により移動したモンスター、効果により墓地へ送られたり除外されたモンスターはその帰還や蘇生時にメインモンスターゾーンへと置かれる。, 第4期第1弾・日本語版「SOUL OF THE DUELIST」なら「SOD-JP000」。, 電卓のようなもの。ライフポイントの計算、コインとサイコロの代用機能などを備えている。, デッキに同名カードを4枚使用する、禁止・制限リストを無視する、「特殊召喚できないモンスター」を特殊召喚させるなど。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=遊☆戯☆王オフィシャルカードゲーム&oldid=80507866, レアリティが最も低く、特殊な加工はされていない。なお、ノーマルであるにも係わらずレアカード並みに封入率が低い(約1%など)とされるカードは, カードの名前に銀の箔押し。第7期以降(ブースター「DUELIST REVOLUTION」以降)、箔押しの銀がやや金に近い色合いに変更されている。, カードの名前が金の箔押し、イラストがホイル加工。「V JUMP EDITION」に収録されるカードも種類上はこれに分類されるが、, カードの名前が金の箔押し、イラストが凹凸のあるレリーフ加工(モンスターであれば属性・レベルも)。, カードの名前が偏光調の銀の箔押し、イラストがホログラム加工。「CRIMSON CRISIS」から加工がより立体的になった。, カードの名前が偏光調の銀の箔押し、イラストがホイル加工と格子状の光沢フィルム処理。第9期以降(ブースター「THE SECRET OF EVOLUTION」から)再びブースターパックのラインナップに加わった。, ノーマルからシークレットまでのレアリティ共通で、カード全体に格子状の光沢フィルム貼付処理が施されたカード。, 「GOLD SERIES」及び一部の限定カードにのみ採用。カードの名前が偏光調の銀の箔押し、イラストがホイル加工、カードとイラストの枠に金の箔押し。, カードの名前はゴールドレアと特に違いは無いが、イラスト・カード・テキスト(モンスターであれば属性・レベル・ランクも)が, カード全体が虹色のパラレル仕様に光るカード。デュエルターミナルなどのパラレルレアに比べて光り方がやや派手である。, 20周年記念のアイコンがカードテキストに掘られていて、カード名は、赤色になっていて、その他はシークレットレアと同じ。, 初期のプロモーションカードのみに存在する特殊な希少度。カードの名前が偏光調の銀の箔押し、イラストがホイル加工。, Galactic Overlord ~ Lord of the Tachyon Galaxy, Code of the Duelist ~ Flames of Destruction, 青眼の白龍伝説 - LEGEND OF BLUE EYES WHITE DRAGON - (LB), 暗黒魔竜復活 - REVIVAL OF BLACK DEMONS DRAGON - (RB), Thousand Eyes Bible ~ Labyrinth of Nightmare, SOUL OF THE DUELIST ~ THE LOST MILLENNIUM, POWER OF THE DUELIST ~ FORCE OF THE BREAKER, TACTICAL EVOLUTION ~ LIGHT OF DESTRUCTION, 劇場版 遊戯王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS MOVIE PACK (MVP1), RARITY COLLECTION - 20th ANNIVERSARY EDITION - (RC02), 20th ANNIVERSARY LEGEND COLLECTION (20TH), STRUCTURE DECK - ペンデュラム・エボリューション - (SD31), 以降、自ターン開始時ごとにデッキよりカードを1枚ドローする。ただし、先攻1ターン目はドローしない。, (効果打ち消しの例:相手の「大嵐」にチェーンして「サイクロン」で破壊しても、既に発動した効果を消滅させることはできず「大嵐」の効果によりフィールド上の全ての魔法、罠カードは破壊されるが、カウンター罠「マジック・ジャマー」であれば、「大嵐」の効果自体を無効にできるため、「大嵐」だけが破壊され墓地に送られる), ストラクチャーデッキ -デラックスセット- Volume.2(2004年12月9日), 日本語版カードや日本語版の効果を記載した用紙など。携帯電話やスマートフォンなどの電子機器での表示と商品発売前に雑誌などで掲載されたカードの情報は無効となる。, 最も厳しい措置が取られたものとして「財宝への隠し通路」「霊魂消滅」の2枚が存在する。この2枚は初版の発売以降、あらゆる再録パックでも再発売がされておらず、2010年を境に本ゲームを題材としたあらゆるコンピューターゲーム作品から収録自体が取りやめとなり、すでに収録されていた遊戯王オンラインにおいてはゲーム内容から異例の削除措置が取られた。, 英語(EN) / フランス語(FR) / イタリア語(IT) / スペイン語(SP) / ポルトガル語(PT) / ドイツ語(DE). 主にライフポイントの支払い、自軍のフィールド上のモンスターのリリース、カードをデッキに戻す、手札を墓地に送るなどである。 2014年にはギネスブック 2014で最も売れているカードゲームに認定されている。, 1999年2月4日に「Vol.1」が発売されて以来、ブースターシリーズだけでも80弾以上(2019年8月現在)、2014年1月に15周年を迎える長期シリーズとなっている。カードゲームとしてだけでなく、原作漫画・アニメのグッズとしての側面も持ち、幅広い層に人気がある。, 本作は日本国外にも展開しており、2009年7月7日にはギネス・ワールド・レコーズに「世界で最も販売枚数の多いトレーディングカードゲーム」として認定された[1]。 『遊☆戯☆王ラッシュデュエル』(ゆうぎおうラッシュデュエル)は、スタジオ・ダイスおよびメディアミックス作品に登場する架空のカードゲームをモチーフにして、コナミデジタルエンタテインメントが製作・販売しているトレーディングカードゲーム。, 2019年12月に行われた遊戯王のイベントにおいて発表されたカードシリーズ、かつ専用ルール。毎ターンの大量ドローや通常召喚の無制限化など、ハイテンポかつ逆転要素を意図して盛り込んでいる。, 2020年4月4日にラッシュデュエルを軸とする遊☆戯☆王SEVENSの放送開始と同時に「スターターデッキ -遊我編-」「スターターデッキ -ルーク編-」及び両セット商品が発売、製品として正式なラッシュデュエルが始まった。カードゲームとしてだけでなく、原作漫画・アニメのグッズとしての側面も持つ。, 遊び方は遊☆戯☆王オフィシャルカードゲームを基準となっているが、ルールの詳細は以下の後述に説明する。OCGの方でこれまでカード化した内の中からラッシュデュエル用として4月11日から改造パックに順次付録し発売していく。遊☆戯☆王ラッシュデュエルの商品は日本国内の販売となっており、海外での販売は行わない。また、一般的な遊戯王OCGとはカードフォーマットが異なり、混ぜて遊ぶことは不可[1]。, 遊戯王ラッシュデュエルは1対1で対戦するゲームである。各プレイヤーは40 - 60枚のカードを自由に組み合わせた「メインデッキ」を用意する。さらに「エクストラデッキ」なども必要に応じて用意する。, 試合は基本的にマッチ形式で行われ、1戦目のデュエル(対戦することを『デュエル』という)は初期状態のデッキを使用する。1回の試合は3回のデュエルのうち、先に2回勝利したプレイヤーが勝者となる。, プレイヤーの耐久力はライフポイントと呼ばれる数値で表される。初期値は8,000で、ゲーム中増減し、上限は無く、下限の0となったら負けとなる。また、メインデッキが0枚になり、さらにカードをドローする時にカードを引けないプレイヤーは、「デッキ切れ」となりデュエルに敗北する。また、自分の手札に0枚の状態でデッキに4枚以下残っている場合でもデュエルに敗北する。, カードの効果によって、以下の流れに従わない場合もあるが、その例などは省く。ラッシュデュエルの手札の枚数制限は無い。, 例外なく以下の基礎データを持つ。(共)の記載は全てのカードに共通して記載されている事項。, 全てのモンスターには攻撃力と守備力が設定されており、「攻撃表示(縦位置)」か「守備表示(横位置)」で場に置く。, ラッシュデュエルが始まってからエクストラデッキが用いられているが、現時点では融合モンスター・シンクロモンスター・エクシーズモンスターを登場していない。, 枠は緑色。体力回復やモンスターの特殊召喚、フィールドのカードの除去など様々な効果が得られる。手札から直接使うか事前にフィールドに裏返しで伏せておき、指定された、または任意のタイミングで発動し、フィールドのカードやプレイヤーに特殊効果を与える。, 枠が桃色。トラップカードと読む。主に相手プレイヤーの動きに対応して発動し、相手の行動を遮ったり制限を加えるような特殊効果を与える。魔法カードと異なり特殊な場合を除き一旦フィールドにセットしなければ使用できず、またセットしたターンには使えないが、セットしたターンを過ぎれば任意のタイミングで発動できる。ただし、同じタイミングで発動できる罠カードは2枚以上ある場合発動できるのは1枚のみ。まずは非ターンプレイヤー(そのターンのプレイヤーでない側)から罠カードを発動するかどうかを決められる。発動しなかった場合、そのターンのプレイヤーが罠カードを発動するかどうかを決められる。1度発動すれば効果処理終了後墓地に送られる。, 各召喚方法の基本的な手法は以下の通り。特殊召喚の回数制限など、カード効果による例外は基本的に省く。, 遊☆戯☆王ラッシュデュエルでは特定のカードを使用する場合、テキストに記されている発動条件としてコストを支払う必要がある場合が多い。



ハバニーズ ブリーダー 三重 22, 関ジャニ パパドル 梶原 6, 望郷 郷愁 違い 6, インフルエンザワクチン 製造会社 違い 4, しまむら ロゴス 帽子 6, 四日市 保育園 点数 5, チワワ 信頼関係 取り戻す 4, Filmora 使い方 本 10, エッセンシャル フラット 診断 4, 並列と直列 が混ざった回路 電圧 34, 長毛 子猫 里親 8, Wands 長い タイトル 36, Bintroll かるてっと 身長 50, 古本市場 Ps4pro 価格 18, スターダストプロモーション オーディション 倍率 6, 愛の不時着 北朝鮮 リアル 9, So 01l 映像出力 26, スカイリム コンソール スキル 8, バッテリー 製造年月日 デルコ 5, Toeic 400点 やばい 9, 山下達郎 Recipe (レシピ Mp3) 5, 指輪 切断 横浜 6, Unity 新規 ライセンス 4, 水道 蛇口 種類 13,