また、4気筒エンジンはNAエンジンが無くなり、全て直噴ターボ化されています。, 排気量を小さくするダウンサイジングターボ化の流れが全車に適用されました。ターボ化により、低速トルクがアップするため、大きな排気量をサイズダウンしています。 エクステリア・インテリアでブラック基調の専用装備を備える。 ・BMW コネクテッド・ドライブ・プレミアム BMW Japan 公式サイト。シリーズ別モデルラインアップをはじめ、最新情報、BMW認定中古車情報、BMWオーナー向け情報など各種BMW情報をお届けいたします。 bmw f30のオイル漏れ。ついに出たビーエム定番!?の故障事例? BMW新型3シリーズツーリング発売開始!価格を超越したビーエムワゴンの価値観. BMWにはさまざまな車種が存在します。なかでも人気を誇っている車種が3シリーズです。3シリーズは時代に沿って多くのモデルを発売してきました。セダンタイプの車種を好む方のなかには、6代目モデルF30の購入を検討している方もいるのではないでしょうか。, そこでこの記事では、F30の特徴や人気が高い理由についてご紹介します。自分だけの車に仕上げたいユーザーにおすすめのカスタムパーツについても紹介しますので、参考にしてみてはいかがでしょうか。F30をはじめとする3シリーズセダンについても解説します。, ・F30は2012年にリリースされた6代目の3シリーズセダン。スポーティなデザインかつ低燃費でタウンユースにもピッタリ, ・F30向けのカスタムパーツが豊富にそろっている。車をカスタマイズしてオリジナリティを出したいユーザーにとってもおすすめ, ・2019年にフルモデルチェンジが行われてG20が登場。現行型に興味がある方はこちらも要チェック, 3シリーズセダン6代目のF30はどのような車なのか見ていきましょう。3シリーズセダンの歴史についてもご紹介しますので、BMWのセダン全般に興味がある方はチェックしてみましょう。F30という車名の意味や旧モデルのセダンと比較して、どのような違いがあるのかも合せて解説します。, 3シリーズの歴代セダンを一覧でご紹介すると、上記の表のとおりです。1975年に発売されたE21から現行モデルのG20まで、モデルチェンジを繰り返しながら製造・販売し続けています。, アルファベットと数字の組み合わせで表記されているものは、開発コードやモデルコードと呼ばれるものです。特定の車種を示す文字列なので、BMWの車に関する情報を収集するときはチェックしておきましょう。, 6代目のF30は2012年に発売された3シリーズセダンです。一般的なガソリンエンジンやディーゼルエンジンのほかに、ハイブリッド・オプションがはじめてラインアップされたモデルとなっています。, 特徴的な点は、ヘッドライトがキドニーグリルと接している点です。キドニーとは、英語で腎臓を意味します。フロントグリルが2つ並んでいる点が特徴のBMWでは、フロントグリルが腎臓のように見えることからフロントフェイスをキドニーグリルと呼びます。, 外観だけでなく、F30は環境問題対策にも重点を置いて開発されています。従来車に搭載されている多気筒エンジンから一転して、小型化されたエンジンを搭載することで、低燃費でありながら高出力さを目指して開発されました。エンジンは小型化されましたが、ターボチャージャーと直噴エンジンを組み合わせ、従来モデルと遜色ない高スペックを維持しています。, F30をはじめとするBMWの3シリーズは人気が高い車種です。F30などの3シリーズセダンは、なぜ人気が高いのか気になっている方もいるのではないでしょうか。ここでは人気の理由を6つご紹介します。, 前述したように、BWMの大きな特徴といえるのがフロントグリルです。2つに分かれたグリル「キドニーグリル」は、一見しただけでBMWだとわかる象徴的なデザインでしょう。, F30では、従来車種と比較してキドニーグリルがややワイドになるとともに、ヘッドライトと一体化したデザインになっています。ヘッドライトと一体化したことで、スタイリッシュでスポーティな印象に仕上がっている点が印象的です。, F30のインテリアは、操作性を重視したレイアウトにこだわっています。直線主体のシンプルな作りは、トータル的に落ち着いた雰囲気を作り出している点は印象的です。, センターコンソールが運転席側に傾いた設計となっていることで、運転席からの操作がスムーズな点も魅力となっています。これまでの車で、運転席からセンターコンソールの操作がしにくいと感じていた方にとっては見逃せないポイントです。, コンソールだけでなく、スイッチやレバー類も操作しやすいよう計算された配置となっています。利便性の向上によって、ストレスなく運転を楽しむことができる点も人気の理由といえます。, 前述したように、F30はエコロジーなモデリングで燃費を向上させた点も大きな特徴です。欧州では主流となっているエンジンのダウンサイジングによる燃費向上だけでなく、ターボチャージャーを搭載したことで従来と変わらない出力を確保しています。, F30では、ハイブリッドモデルが登場しています。ハイブリッドでの燃費性はもちろん、ガソリンエンジンでも1.5Lクラスでの燃費は17.2 km/L、ハイパワーモデルの30Lでも13.5km/Lと高い性能を示していることがわかるでしょう。, 燃費とトルクを両立しているため、急な坂道を走行したり高速走行したりする機会があるタウンユースに適している点も人気の理由です。, F30はハンドリングにも特徴があります。まるでスポーツカーのように軽快に反応し、想像通りの走りを実現してくれるステアリングは魅力です。。, 軽快さを実現しつつも、必要以上に機敏に反応することがない安定性も維持しているため、女性にも扱いやすいステアリングとなっています。リヤセクションの造りを前50:後50という配分にしたことで実現した優れたステアリングは、純粋に運転を楽しみたい方にもおすすめです。, 車の安全装備は事故防止の観点からも重要な装備といえるでしょう。F30の安全装備としては、カメラやレーダーを利用したドライバー支援機能を搭載しています。事故防止のため、前車や歩行者が接近した場合の警告だけでなく衝突軽減ブレーキも搭載している点が特徴です。居眠りなどによる車線逸脱にも警告を鳴らしてくれます。, 渋滞時には運転の疲労がたまりやすくなりますが、F30には前車との距離を一定にしつつ停車までアシストしてくれるACC(アダプティブクルーズコントロール)まで搭載された充実の装備が魅力です。, F30が人気の理由として、カスタムパーツの充実性も挙げられます。ほかのユーザーと差別化するためにカスタムパーツを装備したいと考える方もいるでしょう。カスタムパーツを利用すれば簡単にオリジナリティをアピールできます。, 自分好みの車にアレンジしたいと考えている方にとっては、カスタムパーツの充実は魅力のひとつです。次の項目ではより具体的なパーツについて解説します。, 前述したように、F30には充実したカスタムパーツが揃っています。F30をカスタマイズしてオリジナリティをアピールしたい方にとって、どのようなカスタムパーツがラインアップされているかは重要なポイントです。ここでは、F30の人気カスタムパーツをいくつかご紹介します。, フロントバンパーはとくに目立つパーツであるため、オリジナリティを出すためにカスタマイズする方も多いでしょう。M3タイプのバンパーへの変更も可能です。ウレタン製のフロントバンパーなど個性的なパーツが数多くリリースされています。アフターパーツのフロントバンパーを装着し、ボディに合わせて塗装するのもよいでしょう。, 足回りのカスタマイズでは、ホイール交換が多くあります。サイズアップしたり好みのデザインに交換したりするだけでも、F30のイメージを大きく変えられるのが魅力です。, ホイールは、サイズアップするだけでも印象が大きく変わります。エレガントにするのか、スポーティにするのか自分好みの足回りにカスタマイズできるのもポイントです。ただし、ホイールのカスタマイズは車高や乗り心地にも影響を与えるので注意しましょう。軽いホイールを装着すれば燃費の向上にもつながります。, バンパーそのものは純正のままで、スポイラーだけを交換するカスタマイズ方法を楽しむ人もいるでしょう。大がかりなカスタマイズではなく、フロントリップやハーフスポイラー、リアスポイラーを取り付けるだけでイメージは変わります。初めてカスタマイズするユーザーにもおすすめです。, FRP製やPP製などさまざまな素材のパーツが販売されているため、好みのものを探してみましょう。BMW M Performanceなどの純正パーツも用意されています。, BMWの特徴のひとつであるキドニーグリルをカスタマイズすると、より個性的な印象に仕上げられるでしょう。メッシュタイプのパーツを装着すればよりスポーティな印象になり、カラフルなパーツを装着すれば派手な印象になります。, キドニーグリルは周りからも注目されるパーツなので、オリジナリティをアピールしたい方はカスタマイズしてみましょう。純正パーツも用意されているので必見です。, 走行時のエンジン音にこだわる方は、マフラーのカスタマイズを検討するでしょう。交換するなら、高回転した時のサウンドにもこだわりたいものです。マフラーには、ワンオフ製作のものや、チューニングパーツメーカーの量産タイプの製品があります。, ワンオフは、特注に近いため高額になりますが、トルクの制作にも注文がつけられるため音質へのこだわりが強い方にはおすすめです。量産タイプは、純正のトルクに少し手を加えることで音質を変化させています。価格はワンオフよりも安価なものが多い点が特徴です。, 純正のマフラーも存在していますが、よりエンジン音にこだわりたい場合はKAKIMOTO RACINGなどのサードパーティパーツを利用すると楽しめるでしょう。, サスペンションなどの車高調キットを利用して車高を調節すると、スポーティな印象に仕上げられるだけでなく乗り心地も変わります。車高を下げると地面に近くなり、スピード感を楽しめるでしょう。, 逆に車高を上げた場合は悪路走破性が向上します。ホイールのサイズアップをしたいときにも車高を上げる必要があるでしょう。車高を下げた場合は悪路走破性が低下するため、未舗装路を走る機会がある方は注意が必要です。, ヘッドライトの色味を調整したり、明るさを変更したりするだけでも雰囲気が変わるでしょう。ライトには、明るさを求めるものや消費電力を削減するものなどさまざまな種類があります。目的に応じて適切なものを選ぶことをおすすめします。, ヘッドライトは車検でチェックするパーツであるため、交換するときは光軸の調整や光量が基準に達しているか確認しておきましょう。, F30を中古車で購入しようと考えている方もいるのではないでしょうか。ここでは年式別にF30の中古車価格をご紹介するので、相場を知りたい方は要チェックです。F30の後継モデルであるG20についてもあわせて確認しておきましょう。3シリーズセダン全般に興味がある方は、こちらも必見です。, 初期タイプのスペックと中古車価格は上記のとなります。年式や走行距離が4万km台になると100万円台前半から販売しているため、安くF30を購入したい人は検討してみてはいかがでしょうか。, 2015年5月にF30のマイナーチェンジがあり、エンジンの変更とプラグインハイブリッドの導入が行われました。マイナーチェンジ前の車と比較すると価格は高く、200万円台がメインです。, 2019年にF30のフルモデルチェンジが行われ、新しい3シリーズセダンの名称はG20になりました。G20はボディサイズがやや大型化し、ホイールベースも長くなっています。スタンダードモデルの320iのスペックは上の表のとおりです。, 発売からから間もないため、中古車にしては400万円前後と高い設定となっています。現行型でも中古車は新車より大幅に安いため、できるだけ安く購入したい方は見逃せません。, 2012年~2019年に発売されたBMWの3シリーズセダン「F30」は、デザインにも走行性能にもこだわりたい方におすすめの車です。人気が高く、カスタマイズにも適しているので自分好みの車に仕上げたい場合にもピッタリといえるでしょう。, 3シリーズは2019年にフルモデルチェンジが行われ、現行型はG20になっています。そのため、これからF30を購入したい場合は中古車を探す必要があります。, 安心してF30の中古車を購入できる販売店を探している方は、在庫が豊富で充実した保証を提供しているネクステージにお任せください。ネクステージならBMWの取り扱いも多いため、似たような車種を同時に検討したい方のご相談にも丁寧にサポートいたします。. 320i(8AT)をベースとして装備内容の見直しを行い、価格を下げたお買い得モデル。, 8.8インチナビに加えて、コネクテッドドライブ スタンダードを新た追加。 M3より一足早く強豪が登場。, ジュネーブショーでデビュー。 サイズ的には3と5の中間サイズになる。Mスポーツの設定もあり。, 直列4気筒DOHC 2.0リッター ツインスクロール・ターボ(184ps5000rpm、27.5kgm1250-4500rpm), 320iツーリング:471万円 特に1250回転からの最大トルクで、体感的な加速性能が大幅に向上するだけでなく、加速がスピーディに完了することから、結果的に燃費性能も向上し、16.6km/Lを達成しています。, 前述の直噴ターボのトルクアップに合わせて、8速ATにより、加速時のエンジン回転数のダウンを防ぎ、きめ細やかなシフト制御が可能となっています。 日本のポスト新長期規制対応のクリーンディーゼル 318i Luxury CFRP製ルーフ、M専用内外装, 北米デトロイトショーで初デビュー。M3は、セダン専用モデルとして独立。 E90同様に、車幅を1800ミリに抑える対応(ドアハンドル形状の変更)を日本仕様として実施。, 標準モデル :\ 5,700,000 直列4気筒DOHC 2.0リッター 直噴可変ジオメトリーターボディーゼル Mスポーツにシルバーのドア窓枠が新鮮。, 外観は、ほぼキープコンセプト。ライト・テール、前後パンパー形状は小変更に留まる。 監督は「トランスポーター」「タイタンの戦い」のルイ・レテリエ。 © 2020 車情報ラウンジ「YOUNG AMG」 All rights reserved. 価格549万円~601万円(限定320台・2014/1より), 320i(8AT 450万円)をベースとして装備内容の見直しを行い、399万円とした。(340台限定), 8.8インチのiDriveナビを標準装備するなど装備内容の充実も図られている。 エイドリアン・ファン・ホーイドンク主導によるエクステリアデザインは、5シリーズ(F10)の保守的なデザインコンセプトを受け継ぐ。Cd値は0.26を達成。, コンパクトな3シリーズも次第にボディサイズは拡大。 電動パワーステアリング、ブレーキエネルギー回生システム、アイドリングストップ機能 390Lのトランク容量を確保。(標準480L), 価格はベースモデルが、699万円(E90の335i比で13万アップ。旧335iの代替モデルの扱い) アクティブハイブリッドが330e(プラグインハイブリッド)へ変更。 bmw f30 f31 f34概要. 320d M Sport

Stylish 家庭科教材 マスク 4, Yzf R1 故障 5, 進研模試 コード表 2020 21, Xmedia Recode H 264 Settings 15, 読書感想文 コピペ 中学生 5枚 23, Vba Dictionary クラス 6, Va Vd006 取り付け 4, 犬 換毛期 食欲 6,