【スポンサーリンク】 0000046208 00000 n 結合(COALESCE)とリビルドのいずれが良いかは今回の情報だけでは判断できないかと思います(自信ないけど)。, 今回は単調増加なのでケースBはリビルドした方が良いかもという結論になっていますが、単調増加でなければ削除された領域は再利用されるため、実際にはリビルドしないで良いケースの方が多いかと思います。逆キーインデックスの場合ですとあまり必要ないかなと思います(検証していませんが), なお、シンプルで綺麗なデータで試しているので、データの状況によってはこの結果のとおりではないこともあり得るため参考として考えたほうが良い。, また、今回は挿入・削除だけのケースだったので、以下のようなケースも気が向いたら試してみたいと思います。, SQL Language Reference Release 12.2 - 12.10 ANALYZE, SQL Language Reference Release 12.2 - 10.15 ALTER INDEX, SIer&バックエンドエンジニア&日曜プログラマー。 0000045968 00000 n 一致する検索結果がありませんでした。 0000019904 00000 n 本記事では構築Oracle DBの削除方法を解説していきます。訳も分からず、ネット情報を参考にしてDB構築した結果、設定を間違っていたので一度削除することに・・・泣 本記事は備忘録です。 0000094143 00000 n 0000045297 00000 n trailer<<11f49b82f959bd37a089279e418d7cc4>] >> startxref 0 %%EOF 336 0 obj<> endobj 367 0 obj<. delete from test_rebuild where id between 1 and 100000; insert into test_rebuild values(v_no + i, 'TEST DATA' || i); delete from test_rebuild where id between 1 and 100000 and mod(id, 100) != 0; ケースAの場合はリーフブロックが再利用されるため断片化せず、インデックスのリビルドは必要ない。, ケースBの場合はリーフブロックが再利用されないため断片化される。そのため、インデックスのリビルドが必要。※検証できていないが断片化率によってはリビルドまでは必要でなく、結合(COALESCE)だけで十分と思われる。, you can read useful information later efficiently. All rights reserved. プライマリ・コンテンツに移動. 0000001656 00000 n 0000001930 00000 n 0000001972 00000 n 0000002348 00000 n 1万件くらいでは方式の差はでませんが、データ数が多くなってくると差が現れてきて、方式2のまとめてdeleteのほうが2倍くらい速くなります。, Oracleのdeleteが遅い場合、処理ロジックを見直し、無駄なフェッチを繰り返していないか確認すると良いかもしれません。, replicationさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog 0000008426 00000 n 該当する結果がありません. ョンで、次のコマンドを使用して、バックアップ・セットをクロスチェックします。, 次のコマンドを使用して、期限切れのバックアップを削除します。. プライマリ・コンテンツに移動, RMANを使用したターゲット・データベースへの接続. 0000045898 00000 n %PDF-1.7 %���� 335 0 obj <> endobj xref 335 33 0000000016 00000 n 0000019548 00000 n 0000045324 00000 n ブログを報告する, 株式会社システム・テクノロジー・アイ 林優子,桜井裕実 翔泳社 2014-08-29, はじめに Oracle SQL Developerでカラムにnullを挿入する方法で…, --レコードを削除 -- 'A'='A'としているためすべてのレコードが無条件ヒットする, オラクルマスター教科書 Bronze Oracle Database 12c SQL基礎, 【Oracle】PL/SQLでdeleteやupdate文で更新した件数を取得する, ORA-14400: 挿入されたパーティション・キーはどのパーティションにもマップされません。, 【Oracle】select count (*)してからDeleteすると速くなるのか?. Oracleのdelete文は遅いというのが通説ですが、本当に遅いのか気になったので検証してみました。 0000019682 00000 n Copyright ©1996, 2018,Oracle and/or its affiliates. Oracleのドキュメントには以下のように記載されています。 COALESCEを指定すると、ブロックを再利用するために、索引ブロックの内容を空きブロックにマージできます(可能な場合)。 SQL Language Reference Release 12.2 - 10.15 ALTER INDEX はじめに Oracleのdelete文は遅いというのが通説ですが、本当に遅いのか気になったので検証してみました。 PL/SQLで100万件のレコードを用意してdeleteしてみました。 オラクルマスター教科書 Bronze Oracle Database 12c SQL基礎posted with ヨメレバ株式会社システ… 0000001053 00000 n 0000094074 00000 n やる前から2の方式の方が、無駄がなくて速い予感。, 1万からデータ数を10倍、100倍としていき、3回試行した結果を平均しました。 0000046573 00000 n (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); DELETE文はその名の通り、テーブルのデータの削除を行います。基本的なDELETEの構文は以下です。, はい、これだけです。ただし、上記のDELETE文をそのまま実行すると、テーブルの全てのデータを削除することになります。トランザクション中の場合、コミットせずにロールバックすればデータは元に戻ります。, 全件削除したくない、特定の条件に一致するレコードだけ削除したい場合は、WHERE句で条件を指定します。, 上記の様にWHERE句で条件を指定すれば、条件が一致するレコードのみ削除します。特定列がNULLの場合は次の様に記述します。, 基本的に上記の構文を押さえていれば、DELETE文を使えると言っても良いでしょう。尚、複数条件を指定することも可能です。AND条件だけでなく、OR条件も使えます。, では、実際にDELETE文を使用してみましょう。次の画像のテーブルがあるとします。, このテーブルから学部コード27のデータを削除します。学部コード27のデータがどれくらいあるかと言うと、以下のSELECT文で確認してみます。, TM03_学科テーブルには18件のレコードが存在しており、そのうち、学部コード27のデータは11件存在します。DELETE実行後、同じSQLを実行して、学部コード27のデータが0件であればOKです。では実際に削除するSQLを書いてみます。, フィードバック文で11行削除されているみたいですね。では、実行前に確認したSQLで学部コード27のデータが何件あるか確認してみます。, 0件ですね。実行前の全レコードが18件あり、学部コード27のデータが11件でしたので、11件削除されて、全レコードの残りが7件になっています。, 鉄道好きの社畜です。阪急沿線で生まれ育ち、現在は京成沿線在住。推し阪急は8315F。推しVVVFは東洋製IGBT-VVVF。. 0000093911 00000 n ョンにより、表またはクラスタからすべての行が短時間で効率的に削除されるため、最大限の処理パフォーマンスを実現できます。TRUNCATE文を実行する前に、表の参照整合性制約を使用禁止にします。参照整合性制約が使用禁止でない場合、SQL*Loaderによってエラーが返されます。, 整合性制約が使用禁止になると、その表に対してはDELETE CASCADEは定義されません。DELETE CASCADE機能が必要な場合は、ロードを開始する前に、表の内容を手動で削除する必要があります。, この場合、表がロード実行者のスキーマにあるか、ロード実行者がDROP ANY TABLE権限を所有している必要があります。, データを作業表にロードします。, 相関副問合せを指定した、SQLの. 0000232957 00000 n 0000019094 00000 n Apache Camel/VoltDB/Oracle/Apache karaf。 0000020476 00000 n 0000091440 00000 n SHRINK SPACE COMPACTとするのと同じ意味になります。, 今回の結果ではレコードが削除された分のブロック内の使用率が下がっているはずなので、結合の効果がでるはずです。, リーフブロック(LF_BLKS)が大幅に減っています。一方、解放はされないなのでブロック数は変わらないです。ただし、再利用はされるためテーブルの利用用途(再利用する場合)によってはこの状態で問題ないと思われます。, なお、Shrink Spaceも実行すると以下のようにブロック数(BLOCKS)も大幅に減ります。, 結合だけで効果がでているようにも思えますが、続いてインデックスのリビルドの場合も試してみます。, 当然ですがBLOCKSも大幅に減少しています。また、PCT_USEDが100%から90%になったのもリビルドの効果ですね。 0000094381 00000 n 前の方のおっしゃるとおり、DELETEしただけでは領域は開放されません(ハイウォーターマークが下がらない)ので、以下を試してみてください。1.該当テーブルの全件削除で良い場合truncate テーブル名 drop storage;を実行する。これで 期限切れバックアップを削除すると、EXPIREDとしてリストされたバックアップがOracle Recovery Manager (RMAN)リポジトリから削除されます。期限切れバックアップとは、クロスチェック中にアクセス不可能であることが判明したバックアップです。 0000019256 00000 n | Why not register and get more from Qiita? 0000001173 00000 n はじめに Oracleのdelete文は遅いというのが通説ですが、本当に遅いのか気になったので検証してみました。 PL/SQLで100万件のレコードを用意してdeleteしてみました。 オラクルマスター教科書 Bronze Oracle Database 12c SQL基礎posted with ヨメレバ株式会社システ… 0000019424 00000 n PL/SQLで100万件のレコードを用意してdeleteしてみました。, どちらの方式も1000レコード削除した時点でコミットすること。 BEGIN * ERROR at line 1: ORA-00942: table or view does not exist ORA-06512: at "HR.REMOVE_EMPS_IN_DEPT", line 7 ORA-06512: at line 2 問題は、Oracle DatabaseでSCOTTの権限を使用して、HR.departmentsとSCOTT.employeesという2つの表への参照を解決するようになったことです。

Buffer Health Youtube 6, 5g 中国 危険 8, とんび ドラマ Youtube 11, Mfc J6983cdw スキャン 保存先 11, ブラウン 320s 5 替刃 4, Snow 横向き できない 5, ハイエース 乗り心地改善 フロント 48, スピーチ ネタ 雑学 7, トラック 鉄ホイール 磨き 10, あつ森 雷の日 イベント 10, Ff14 外付けhdd Pc 11, ブラウン シェーバー 水滴マーク 4,