この度、無料のクラウド勤怠管理システムIEYASUは、 『slack』から打刻できる機能 をリリースいたしました。 本稿では、その機能と設定方法についてご紹介いたします。 動画でも『slack打刻』をご … Slackの料金プランは、無料のフリープランから一番料金が高いプラスプランというものまであります。それぞれ使える機能は制限によって限られていきます。ですから自分がよく使う機能が制限になっていないかどうか気を付けて確認してください。, それでは、Slackの有料プランと無料プランの機能制限の違いを表にしましたので参考にしてください。, では、最初にSlackの無料であるフリープランの特徴やコンテンツを紹介していきます。Slackのフリープランは、プラン名の通り無料でSlackの基本的な機能が利用することができます。しかし本当に基本的なことしか使用できないのです。 ・ストレスチェック機能, 今まで指定用紙で処理していた場合ペーパーレス化もできるので、テレワークを進めたい企業に最適です。また、人事の方の業務負担の軽減も見込めます。, \ たった1分で「MINAGINE就業管理」の機能・料金がわかる / まずは無料で資料ダウンロードする, ジョブカンは、10年以上の歴史があるクラウド型勤怠管理システムです。これまでに5万社以上が、ジョブカンを利用してきました。, Slackからの打刻入力はもちろん、シフトの確認を行えるので、変動労働制を取り入れている企業にとっては、従業員がスムーズに予定確認をできるようになるのがメリットと言えます。, また、現在までの労働時間の確認もできるので、長時間労働の防止に活用することも可能です。, IEYASUは、従来の機能である「LINE打刻」に加えて、Slackから出勤・退勤打刻を行うことができる「slack打刻」機能を、2020年4月にリリースしました。, IEYASUでは、次の画像のように、勤怠管理を行っているワークスペースで「@ieyasu勤怠管理」とメンションをつけた上で、「出勤」「退勤」と日本語のメッセージを入力するだけで打刻ができます。, 日本語に対応しているので、無理に辞書登録をする必要はありません。また「in」「out」でも打刻できるので、日本語が不慣れな従業員がいても安心です。, KING OF TIMEでは、デベロッパー紹介の元、SlackとAPI連携が可能です。, 実際にKING OF TIMEとSlackを連携させている企業では、長時間労働を防止するための機能を導入。一定時間を越えて勤務した場合、Slackにアラート通知が行くように設定しています。, RecoRuは、誰でも手軽にマニュアルがなくても使えるくらいシンプルなデザインが特徴の勤怠管理システムです。, 出退勤の打刻の連携はもちろん、有給や打刻修正の申請をSlackで通知できるので、管理職や人事の方はスムーズに承認や確認を進めることが可能です。, Slack打刻が利用できるおすすめ勤怠管理システムを5種ご紹介しました。もっと多くの勤怠管理システムの特徴をみてから導入を検討したい場合は、こちらの記事もあわせてご覧ください。22種の勤怠管理システムを一気に比較検討できるようにまとめて紹介しています。, リモートワークの推進により、今後は会社以外の場所でも打刻ができる方式が主流になることが予測されます。, 会社以外での打刻は、Webブラウザ上での打刻や打刻アプリの活用などさまざまな方法があります。しかし、打刻率の向上とコミュニケーション活性化を両方叶えたいと考えた時にはSlack打刻が最適です。, Slackは有料版だけでなく、無料版もあります。ぜひ、Slackをダウンロードし、勤怠管理ソフトとの連携を試してみてください。. Slackの支払い方法にとって、メリット・デメリットがありますので、良く理解しておきましょう。それではそのSlackの料金の支払い方法について、詳しく解説をしていきます。, Slackの支払い方法をクレジットカード決済にしているとどのようなメリット・デメリットがあるんでしょうか?今の時代、クレジットカード決済が当たり前になってきました。利点はもちろんありますが、デメリットには注意をしましょう。 そんな、Slackの月額料金を気にしたことはありませんか?Slackのコンテンツ・機能を利用するには、Slackの月額料金を良く知る必要があるのです。月額料金によって使えるコンテンツに特徴や制限があったりますので理解をしておきましょう。, Slackの月額料金はプランによって、使えるコンテンツ・機能が違います。また当然Slackの月額料金はプランは、無料プランから有料プランまであり、お金がかかるほど利用できるコンテンツ・機能に制限が無くなったり、違いがでできます。 Copyright ©2018Impress Corporation. 3.渡された情報をGASがスプレッドシートに書き込む, Outgoing Webhookで指定したチャンネルで「出勤しました」と投稿してみましょう これをきっかけにリモートワークが始まり、慣れない環境に苦労している方もいるかと思います。 ③ 通知内容を入力 では、どうやってSlackは実際に使用したユーザーを見極めているのか?について気になりますよね。どういう仕組みで、実際に使った分だけ料金請求するようなこういうシステムを取っているのでしょう。, ずばり、Slackを使ったかどうかは、ログインをしたか?していないか?で判断される仕組みのようですSlackは「Fair Billing Policy(公正な請求ポリシー)」を公式で表明しています。14日以上アクセスがないユーザーは非アクティブユーザーと認識されます。 このURLから[Slackに追加]をクリック ※Appの検索からでも構いません なお、退勤や「ヘルプ」へのコマンドも備わっています。, しっかりと打刻が行えたかは、SlackとMINAGINEの管理画面それぞれで確認可能です。 スプレッドシートにデータが記述されましたか?おめでとうございます!, 今回は紹介しきれませんでしたが、 ④「いつ通知しますか?」と表記されたプルダウンの中から、通知時刻を設定。, また、従業員がしっかり打刻を行っているかチェックするために、従業員と人事担当者の両方が共通で見られるスレッドに通知が行くよう設定することも可能です。, リマインド機能を使えば、「忙しくてうっかり打刻を忘れていた」という事態を手軽に防いでくれます。, 前章にて、リマインド設定による打刻漏れ防止の方法をお伝えしました。しかし、リマインド設定が、やや複雑に感じた方もいると思います。, 例えば、Slackから弊社のソフトMINAGINEへ出勤の打刻する場合は、「/minagine in」と入力します。, しかし毎回コマンドを手入力するのは、手間がかかってしまいがちになりやすいです。そのため、あらかじめよく使うリマインド内容を、日本語でわかりやすく登録しておくと、直感的に入力できるようになります。, 例えば、「出勤」と入力したら「/minagine in」 と表示されるよう、辞書機能に登録しておくと便利です。, 下記にコマンドの内容・コマンド名・おすすめの短縮登録名を記載します。ぜひ、ご自身のパソコンやスマートフォンの辞書機能に登録してください。, リマインド機能を使わず、Slackの稼働時間で勤怠管理をチェックしたいという場合は、自動で時間の管理をすることができるアプリ「Loggy」の使用がおすすめです。, Slackと連携させることで、Slackのワークスペースにいるユーザーの稼働時間・勤務時間を、自動的に管理してくれます。, Loggyでは、Slackにログインすると「出勤」、ログアウトもしくはシャットダウンすると「退勤」と処理されるので、「打刻をする」という手間がなくなります。, また、打刻データの集計も自動で行ってくれるので、人事担当者が従業員の勤務時間を計算する手間を省くことが可能です。, 「自動で打刻データの集計をしてみたい」「お試しで打刻ツールを導入してみたい」という企業は、ぜひ一度お試しください。, Slack打刻機能と合わせて、Slackの機能やチャンネルを活用することで、より従業員間のコミュニケーションを活性化させることが可能です。, 日々の業務報告を行う「日報チャンネル」を作成することで、日報の提出率アップや業務効率化が狙えます。, 業務時のコミュニケーションや出退勤の打刻をSlackに集約した状態に加えて、日報の提出専用のチャンネルを作ると、自然な流れで日報を提出しやすくなるのがメリットです。, 特に、これまで日報を手書きで記入し提出していたり、共有のGoogleドキュメントやExcelで管理していたりした場合、在宅勤務になりうまく管理できていなかったかもしれません。, しかし、日報チャンネルを作り「退勤打刻前に日報チャンネルで1日の報告をする」というルールを設けるなどすれば、日報の提出漏れが防ぎやすくなります。さらに、勤怠の打刻率の向上も見込めるがメリットです。, 従業員・上司・勤怠情報の管理や給与計算を行う人事が、一貫して勤怠情報を管理するなら勤怠情報を共有するチャンネルを作るのがおすすめです。, 「チャンネル機能」とは、1対1でのやりとりではなく、チャンネルに招待されたメンバーがやりとりできる機能です。社外のメンバーも招待できるため、勤怠管理を外注している場合も活用しやすくなっています。, 特に、勤怠管理については、従業員、上司、管理部門の順に承認制を取っている企業は多いと思います。毎日段階的に報告を行う場合、報告忘れや確認漏れが発生する原因になります。, しかし、共有チャンネルを活用すれば、報告から確認をひとつのスペース上で一括して行えるので業務効率をアップすることが可能です。, 1日単位ではなく、リアルタイムで進捗の報告・情報共有を行いたい場合には「times」機能の活用が最適です。「times」はSlack内のTwitterのような機能に当たります。, times用チャンネルを作ると、自分のリアルタイムな情報を気軽に更新することができます。, 例えば、次のような情報を共有することで、気軽にコミュニケーションを活性化させられます。, 「○○線が遅延しているので、これから外回りする人は気をつけてください」

ハイエース トラクションコントロール 雪道, 西宮北口 ランチ 食べ放題, ニューバランス 2002 復刻予約, 肉 玉ねぎ 漬ける, Datatables チェックボックス 取得,