localScale = new Vector3 (4, 0.5f, 2);}} 全ての軸に同じ比率だけ拡大縮小したいのであれば、 Vector3(1, 1, 1) を示す定数 Vector3.one を使って次のように記述できます。 UIView には、transform というプロパティがあります。このプロパティを使うと簡単に UIView を拡大・縮小・回転させることができます。transform プロバティの型は CGAffineTransform です。transform の中身は 3x3 の行列で、 z もし上下反転させたければ、scale(1, -1) とy軸に設定すればいいのです。 transform:translate(X軸方向の移動距離,Y軸方向の移動距離); translateZ()は、単体で設定しても、何の動きも実現してくれません。そこで、遠近感を出すperspective()と一緒に使ってみましょう。perspectiveを設定すれば、Zの値を0と考え、その時点でユーザーがどの位置にいるかを想定した値がpx数となります。perspective(500px)とすれば、ユーザーが500px時点の距離にいることを想定し、translateZ()の値を動かします。, 例えば、perspective(500px)で、translateZ(10px)と書けば、非常に細かな動きになり、逆にtranslateZ(1000px)と書けば、視界を飛び越えた動きをします。非常にわかりずらいですが、ユーザー視点を設定して、そこから見たZ方向の動きを実現すると考えてください。例えば、以下のように書いた場合、次のように表示されます。, translate3d()は、3次元の動きを実現してくれます。試しに奥行きを表現する「perspective」と一緒に挙動を確認します。, 「rotate」は、要素の回転を表現する値です。これも同様にX軸、Y軸、Z軸のそれぞれの設定、あるいは、一括での設定が可能です。以下は、rotate(20deg)で一括で指定してます。「deg」とは「degree」で「度」を意味します。ここでは、「px」ではなく「deg」を使って回転角度を表現してください。, rotateX()はX軸を中心に回転します。わかりやすく360度回転で確認してみましょう。, scale()では、scale(X軸の数値、Y軸の数値)を指定できます。2次元で縦と横に要素が拡大と縮小します。値には、「px」などの単位を設定する必要はありません。「1.5」と書けば、「要素の1.5倍」、「0.5」と書けば、「要素の0.5倍」となります。また、「-値」を設定すれば、縮小効果が得られます, scaleZ()は、Z軸方向に要素を動かします。ですが、設定しても表向き変化を表現できません。scaleZ()を確認するには、3D効果を表現するようなその他の値と一緒に使う必要があります。わかりやすいようにscale(10)を設定しています。, scale3d()は、X軸、Y軸、Z軸を一括で指定できます。これもscaleZと同様に3D効果を表現する値と一緒に使わないと機能しません。試しに、「perspective」を除いて挙動を確認してください。要素が動かないことが分かります。, skew関数は、要素の形を歪ませる、いわゆる傾斜効果を出すことができます。ただ、他の関数と異なり、X軸とY軸での設定しかできないことが特徴です。また、同様に注意したいことは、値を設定する際は、傾斜の角度(deg)で設定します。, skew()は、X軸とY軸をまとめて設定できる関数です。以下のようにX軸方向に30度、Y軸方向に30度歪みが生じます。, 「transform-origin」は、変化の起点(原点)を設定するプロパティです。この起点の設定ですが、幾つかの設定方法があります。「絶対指定(px)」や「相対指定(%)」と「位置指定(top, center等)」です。このミックス指定は上手く挙動しませんでしたので、どちらかに統一して設定すると良いでしょう。細かい設定は「px」指定や「%」指定がよいでしょう。, 初期値は、要素の中心で「center center」か「50% 50%」となります。「transform-origin」プロパティは、常に設定する必要はありませんが、設定しない場合は初期値が自動的に設定されますので、起点を変えたい場合は設定してください。, 例えば、以下のように「transform-origin: top left;」とすると、左上を動きの起点とすることができます。「transform-origin: left top;」と書いても同じ効果が得られます。, 「transform-style」は、2つの値をとります。 2次元を表す場合は「flat」(これが初期値となります)、3次元を表す場合は「preserve-3d」を親要素に設定します。すると、子要素の三次元表示が実現します。, perspectiveは、3D要素に遠近感を提供するプロパティです。この設定は、親要素に設定し、効果は子要素で現れます。似た設定に「transform:perspective()」があります。これを子要素に設定しても効果は同じになります。, perspective-originは、ユーザーが見る視点を提供します。「perspective-origin: X軸 Y軸;」=「perspective-origin: top left;」などのように記載をします。これは、「top」や「left」などの位置指定だけでなく、相対指定(%)や絶対指定(px)も可能です。, では、これまで学んだ機能の一部を使って、よく見る画像のホバーエフェクトを作ってみましょう。意外と簡単です。では、まず基本的なHTMLを用意します。figureタグは、画像や図のまとまりを作ります。figcaptionタグは、キャプションのまとまりを作ります。これが画像の基本です。, CSSには、「overflow:hidden;」で設定から外れた部分を見えなくする効果を出します。, 次に、以下の要素をCSSに追加します。figcaptionタグは、「display:absolute;」で親要素との距離を固定します。また、「opacity:0;」を最初に設定することで、最初は見えないようにしておき「hover」した時に、「opacity」の値を変えることで「表示」とします。最後に、「transition: 0.5s」を設定することで、動きの速度を設定しています。, では、最後に「hover」効果を設定します。以下のCSSコードを設定します。ここで、transformプロパティを設定します。値は、rotate(360deg)です。これで回転しながらキャプションを表示できます。, transformプロパティは、非常に奥深くマスターすれば複雑な3Dの表示が可能になります。関心があれば更に学習を進めてください。ただし、複雑なアニメーションを実現するまでもなく、基本的な機能だけでデザインの幅が広がりますので、transformプロパティのtranslate/rotate/scaleの比較的使う3つはある程度使えるようになっておいてください。.

Adv150 ビームス マフラー 14, フリー 素材 動画 ひまわり 8, Gta Vehicles Mods 13, Ev充電 100v コンセント 9, レクサスis ビッグマイナーチェンジ 2020 6, グッド スープ キャスト 12, Steam Big Picture ウィンドウモード 8, Nv350 雪道 Vdc 9, Arc472a34 対応 機種 4,