描写も良いです。 作りも頑丈に出来てるように感じます。 3 点 また、開放からキレキレでボケも自然で好ましいものです。 x-t20で必要十分な性能は備わっていますし、値段もこなれてきたので安心して購入できますよ。 余談ですが、x-t20の動作環境は氷点下では保証していませんが、 多少の寒さなら大丈夫 です。(実際に長野県で使っている方に直接聞きました) 「表現できる写真」「ボケの美しさを感じる写真」という点でとても秀逸な一本。 これと比較では1段明るく、しかも寄れるので、ピントのシャープさと ただ、同一画角だと焦点距離が違うのでボケ感はAPS-CのF2.8はフルサイズのF4くらいのイメージですね。, 参考 フルサイズはAPS-Cよりボケやすい!はウソだけどホントでもある理由。 | studio9, よく「APS-CのF2.8ってフルサイズのF4くらいでしょ?」と会社の同僚に揶揄されるのですが、実際明るさ不足は痛感しました。(実測値は僕は知らない), この写真はシャッター速度20秒。超広角レンズであればギリ耐えられる長さかもしれませんが、20秒だと結構星が流れちゃいます。, それだと暗いんだよなぁ。とISO6400まであげっぱなしの撮影でした。やっぱりノイズは出る。, 天の川を撮る上で収まりきらない場合があるのはもちろんのこと、焦点距離が伸びれば伸びるほど、長時間露光で星が流れやすくなります。, やっぱりフルサイズ換算で20mmを切るレンズがほしいよなぁと思うのですが、その選択肢がFUJIFILMは圧倒的に少ない。, の2点が達成(いずれか1点でも可)が達成されればOKなのですが、いくつか手段があります。, 今と同じ換算値24mmなので、13秒までなら長時間露光しても星が流れない。そして開放で撮影すれば1段明るいF1.4。, 今回と同じ明るさで良ければISO3200まで下げることができる計算になるので、ノイズはグッと減らせる可能性が非常に高い。, FUJIFILM X-Pro2で撮る天の川。APS-Cでも星景写真は撮れる。 – KOTOBAKO – コトバコ https://t.co/s20AYQGcbt, つまりあれかな。F1.4開放で撮ると、ISO1600で同等の明るさが得られるって事かな。, ISOだと100、200、400って倍にしていくと一段間隔になるのですが、F値は1.4倍(ルート2倍)にしていくと一段間隔になりますね。ちょっとややこしい。, まだ発売されていないレンズですが、今年中に発売予定のレンズに広角ズームのF2.8通し、いわゆる広角大三元がラインナップされています。, なので換算12mmで撮れるのであれば、20秒でも星を流さず撮ることができる。(若干流れそうだけど), 星の周回に合わせて自動で追尾してくれるアクセサリーなのですが、それを三脚と雲台の間に挟むことによって、何秒露光しても星が流れずに撮ることができると言う優れもの。, 要は1時間で15度傾いてくれるスーパーマシーンです。たったそれだけで、星がずれなくなるなんて。, ただ、ちょっと考えればわかることなのですが、前景も一緒にずれていくので、前景がブレてしまいます。, むちゃくちゃいい色で出てくれるので、機材さえ揃えば星景写真はフルサイズも凌駕するのでは!!なんて期待しちゃいます。, 千葉県内で写真を撮りながらブログを運営してます。 描写が良いので簡単に素晴らしい絵が撮れてしまいます。 もし「本当に撮りたいイメージやボケ感、シュチュエーションがある」場合には最高峰とはいってもこのレンズである必要はないと思います。それくらい既に持っているf2単焦点シリーズのコスパ含めて性能が優れていることも再確認しました。 素晴らしいです。 乗鞍高原・冬の天の川と黄道光 前田 徳彦氏撮影 eos6d(弊社hkir改造) sigma 15mmfisheye f2.8⇒f3.2 iso6400 60秒 ガイド撮影. です。, 絞りと距離とを上手く使い分けたら、人物撮影用にはとっても 大きさも小さくて持ち運び苦になりません。 購入して撮影すると、思っていたよりも広角でした。逆にテレ側でも寄れない・・・という弱点はありますが。 35mmF2ではここまで寄れず、カタログ値35cmからとなっています。 x-t20を実際に買った、使ったから書けるレビュー今までもミラーレスカメラは持っていたんですけど、それは使い道としては、旅行やイベントに持って行ってパシャパシャと撮るっていうものでした。撮るのは好きでしたけど、主目的にはなりえないであくまで APDの特殊性を敬遠していましたが、それは杞憂に終わり、自然な仕上がりの人物撮影が楽しめるレンズだということがわかりました。 星空を写真に収めるのが夢 SAMYANGの魚眼レンズを買った時に、撮りたいなと思った被写体の一つが、満天の星空。 でも、そもそも人生で一度も満天の星空を観たことのないどころか、せいぜいオリオン座くらいしか観えない都会にずっと暮らして... 関東に大雪、撮影のチャンス 4年ぶりに関東に大雪が降るっていうことで、今まで雪景色を一度も撮影したことがない僕にとっては絶好の撮影チャンス、これを逃す手はないと思い、大宮の氷川神社に行ってきました。 という事で、大宮駅。まだまだ雪は... 富士フイルムのカメラの神髄、JPEG撮って出しを可能にするフィルムシミュレーションによる違いって?. 被写体までの距離もあまり離れるとAPDの効果がわかり難く、 これでXFレンズは35 1.4 56 1.2 10-24 18-135 18-55とこのレンズになり(55-200は昔持っていましたが風景と人物撮影で換算300mm滅多に使わない為売却しました)ました。他の方も仰っているようにXユーザーでしたら持っていて損は無いと思います。 と言うことで早速天の川をパチリ。 FujifilmX-T2+XF16 F2.8|16mm|SS20|ISO3200. 美味しいところは、開放~f2.0くらいじゃないか?と思いました。 Fujiでの人物撮影は当面、本レンズと35mm F1.4で楽しめる 写真共有サイトphotohito(フォトヒト)では、fujifilm(富士フイルム)のデジタルカメラx-t20 で撮影した写真(画像)・作例を一覧で見ることができます。 X-T20を杭の上に置いて、スマホで遠隔撮影してみました。 蓮の根は沼の中です。 なので私の立っているところは、それより、かなり高くなっています。 私の身長が170cmですから、蓮の高さは、250cmを楽々超えます。 書込番号:22042489. x-pro2に取り付けるとグッドルッキングですね~!デザイン性を損ねることもないので、ニヤニヤが止まりません! このサイズ感ならtシリーズなどの一眼レフスタイルはもちろん、x-t30(x-t20)、x-e3あたりにつけても気軽に使えそうです。 けられないのも良かったです, ポートレート用レンズとして好評だった「フジノンレンズ XF56mmF1.2 R」にAPDフィルターを組み込んだ新型モデル。, APDはアポダイゼーションの略で、ボケをより滑らかに表現する効果があり人物撮影に最適!, 開放で撮れば柔らかくなめらかなボケが得られ、絞って撮ればシャープな写りをしてくれます。, 以前はXF56mmF1.2Rを使用していました。 風景や花撮り、夜の風景撮影には欠かせないレンズです。あとブツ撮りにも寄れるので最適です。, 子供のポートレートレンズにXF56/F1.2を所有していますが、室内撮影も含め子供のポートレートは、こちらの方が画角が広く寄れるのでおススメです。, 他社の広角ズームレンズより1~2mmほど広角側のカバー範囲が大きい唯一無二の存在。, ただ12mmは超広角ゆえに写真が湾曲しますので、画像編集ソフトで修正が必要ですね。, とにかく超広角!六本木ミッドタウンの富士フィルムスクエアで発売前、少し触りましたが室内であるためあまりわかりませんでしたが、 X-T2+XF16f1.4で天の川を撮影. と思っています。, どの焦点距離でもF/2.8通しで、焦点距離は35mm換算値24-82.5mmですので、もっとも活躍するレンズですね!, 位相差AFに対応したカメラを使う事で、最速0.06秒のオートフォーカスを実現します。, 大三元レンズといえば200,000円や300,000円するものですが、FUJIFILMはAPS-Cセンサーという事もあり約100,000円ほどでフラッグシップレンズを手にする事ができるんです。, 単焦点「並」の画質でf2.8通しの画角の万能性というメリットと、大きくて重く単焦点比では少し暗いレンズというデメリットがトレードオフになっているレンズで、サイズや価格はフジ最高峰標準ズームとしてバランスがとれていると消費者として感じます。装備として最高峰(これ以上がない)がこの値段なら助かりますよ。, ボケを含めて味を求めるならf1台の他のレンズがあるように思います。このレンズはとにかく「万能。」 ですが他にはあまり文句のつけどころがないので気に入ってます。, すごく評判の良いXF35 1.4と本当に悩みました 少々大きくて重い。といってもフィルター径67mm、375g。XF18-55が 四隅の歪曲はもちろんワイド側ではわかりますが、テレ側ではほぼ感じない。, 個人的な話ですが、わたしは24mmという焦点距離が好きなので、ぜひこのレンズを手にして欲しいところ!, 人物撮影ではふつうのポートレートの他に、マンガや映画のような迫力のある構図で撮影する事も出来ます。, フジの単焦点は素晴らしい 操作性も良いです。, フォーカスに関してはAFとMFの時でも音がウィーンウィーンとします。動画の時でもMFにしても音がするのがちょっとイタいです。 x-t20 性能とコンパクトさのバランスが優秀 特になし x-t2 ファインダーが大きい 上級機種らしいシャッター音、操作フィーリング ダブルスロットル ボディが大きくなる ストロボ内蔵でない 思い付いたところ、こんな感じです お勧めはx-t20です ブログでは一眼レフ・ミラーレス関連の記事を更新中。 中でもこのレンズは、35mmF1.4と共に絶対に買うべき一本。この明るさでピントが合った部分の解像度の凄まじさ。そして最短撮影距離の短さ。旅に出る時はx-pro2とこのレンズだけでいいくらい。買って損なしのレンズ。, フジは最近、明るいレンズを「大口径プライム」シリーズと命名している 絞り込んだ遠景では四隅の隅々まで解像して気持ちの良い描写です。, FUJIFILMは望遠ズームのラインナップが多いほうですが、その中でもやはりこのレンズは別格!, レンズはミラーレス用としては巨大ですが、写りや描写力への満足度はたかく思い切って購入しても後悔はないレンズとなっています。, ポートレート撮影をされるかたには欠かせない存在で、FUJIFILMでは数少ない手ブレ補正が付いていて安定した撮影が可能ですね!, 描写・機能性とも優秀なレンズ。悪条件で威力を発揮します。単焦点だとXT-2を2台使っていますが、このレンズと16-55mmF2.8があれば概ね必要な範囲は悪天候でもレンズ交換なしで撮影が可能です。描写を犠牲にせず機動性を大事にするのであれば、レンズ自体は大きいですが、必要不可欠なレンズです, 他にα99IIとタムロンの大三元レンズと単焦点レンズ2本を持っていましたが、でかい、重い、嵩張るで殆んど使う事がなく全て売却して一緒に使っていた富士フィルムに一本化しました。結果良かったと思っています。 WRなのもプラスです。 良いレンズかと思いました。 ボケの美しさを堪能するのなら、XF35mmF1.4は素晴らしいの一言。, まぁAFに関する多少の不満がありますが、たぶん手放さないでしょう。 優先しました, 比べると若干の違いはありますが、速く静かなAFはやはり気持ちが良く 「夏の天の川」 カメラ:fujifilm x-t1 レンズ:samyang 12mm f2.0 cs iso感度:3200 絞り:f2.8 シャッタースピード:56秒露光 ホワイトバランス:蛍光灯 vixen 星空雲台ポラリエ使用 撮影地:奈良県大台ケ原 撮影:依田裕行 (カメラのキタムラ なんばcity店) スナップ、風景、ポートレート、ブツ撮りなど、ジャンル問わず幅広く撮影中。 ひゃーやっぱり明るいですわ、右の方に黄色い強烈なライトがついていてとても邪魔。 上がって来たばかりの天の川さん、今月も見られてとても嬉しい。 fujifilm xマウントの神レンズをまとめてみた! 2018年12月13日 2019年9月27日 こんにちは、梅野( @kerocamera_ume )です! -10“x‚̃^ƒtƒlƒX«”\‚É‚æ‚èAŒµ‚µ‚¢ŠÂ‹«‰º‚ʼnõ“K‚È“®‘ÌŽB‰e‚ª‰Â”\B. この前からFUJIFILMへの全移行(3ヶ月ぶり2度目)を真剣に検討しているのですが、一番気になっていたのが「星景写真(天の川の写真)が撮れるのか」と言う問題。, やっぱり星の写真はセンサーサイズが大きい方が有利で、高画素機が圧倒的なんだと考えていました。, XF16-55mmF2.8を手にして、スナップやちょっとした風景写真であればFUJIFILMでも全然やっていけると感じている今でも、フルサイズ高画素機に勝るものはない、と。, 関連 たったひとつの変化で、僕のFUJIFILM X-Pro2が最高の相棒になった話, 先日Twitter経由で、「星を撮るならFUJIFILMが最強なんだぜ?」という情報を頂きまして。, 「同じ事で悩んでいたたこさん(@tako3)に届け!」というハイパー私信も兼ねて、記事を書きます。, 冒頭で話題にあげた、星景写真ならFUJIFILM最強といっているのは、以下の記事を共有いただいたから。, 参考 星空をもっと撮ろう!~ポラリエ・ステップアップキットが広げる星空写真の世界~ | Vixen, この中でFUJIFILM開発者インタビューが掲載されているのですが、要約すると大切なのは, ここでいう星景写真はガチの星景写真の話なのですが、趣味レベルでも十分に恩恵を得る事ができるやつだ、と。, ひょいひょいの乗せられやすい僕なので、早々にFUJIFILM X-Pro2を持ち出して天の川を撮ってきました。, かなり縮小してるので、画質の問題は置いておくとして、実際にこれだけ色がでるならむちゃくちゃ優秀だと思うの。, 実際現地で天の川撮ってる時も、撮って出しで出てくるクオリティが違いすぎて震えたから。, べた褒めしてるFUJIFILMですが、やっぱり厳しいなぁと思う点もいくつかあります。, なのですが、センサーサイズが小さい分、フルサイズ一眼と比べると受光量が少ないわけで。, ちょっと勘違いしてるっぽいけどフルサイズとAPS-CはF値が一緒なら単位面積あたりの受光量も一緒ね。ただ高感度ノイズは出やすくなる。あとF2.8から1.4は2段。FUJIの天の川キレイねー » FUJIFILM X-Pro2で撮る天の川。APS-Cでも星景写真は撮れる。 | KOTOBAKO – コトバコ https://t.co/tM66Ek6sb8, — studio9/写真のことが全部わかる本 3/16発売 (@photostudio9) 2018年4月21日, だからこそ面積が小さいAPS-Cは光の量が少ないのかなと思ってたんだけど、この指摘をもらって冷静に考えると、そもそも同じ撮像をAPS-Cセンサーに乗せてるわけだから受光量も同じなのかな。んんん?ってなってたら, APS-Cはフルサイズの画像の中央をクロップしただけと考えればいいのでF値が同じならフルサイズもAPS-Cも明るさは同じです。

Royal Jordanian モトブログ 15, Gla 宗教 やばい 11, F30 320d ブログ 6, 離婚後の生活 男性 子供 7, 二階堂 Cm 所 ジョージ 4, Cf Nx2 Sata 制限 11, ディビジョン2 ビルド Tu10 48, α7iii S Log 設定 4, 6年生 図工 絵 4, 肉 切り方 包丁 7,